響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
2018年 03月 21日 |
いよいよ最終日。ジャイプールからデリーへ移動です。
乗り継ぎの時間を利用してデリーにてお買い物。
行く予定のお店には何かの手違いで行けなかったようです。
インドは日本の感覚よりもおおらかというか、いいかげんな?ところがあるらしく、車が目的地にたどり着かないことも2回ほどありました(笑)
カーンマーケットのアノーキーショップでばらまき土産を大量に購入。とても素敵な大判のハンカチです。単価250円ほどですからリーズナブルだと思います。
その後再び空港に向かいましたが、非常に人が多く混雑していて手続きに時間がかかり、空港でのお買い物の時間はあまり取れませんでした。お菓子や象のコースターなどを買いましたが、ちょっと焦ってしまいました。
帰りのフライトは順調で行きよりもかなり速く成田に戻れました。
インドは日中28~30度くらいあったので、日本の冬の寒さにブルブル・・・
旅行中大きなアクシデントもなく、健康に過ごせたことに感謝です。
インドは広いので、今回は西インド中心でしたが、また違う地域も訪ねてみたいです。
e0027681_18175164.jpg
e0027681_18190124.jpg
西インド 20180207-0212

# by hanakannzasi-716 | 2018-03-21 18:22 | | Comments(0) |
2018年 03月 21日 |
あたりも暗くなってきたころ、サンガネール村に到着。
今度は手仕事というよりも工場でしょうか?
リーズナブルで普及版の布地がたくさんありました。
サリーを買い求める女性たちもたくさん訪れていました。
地域にもよるみたいなんですが、女性はサリーを着ている人が多かったですね。
男性はジーンズにシャツの人がほとんどですが、女性でそういう服を着ている人は少なかったです。
e0027681_18022051.jpg
e0027681_18023611.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2018-03-21 18:03 | | Comments(0) |
2018年 03月 21日 |
天然の染料でプリントするスーラジさんの工房を訪ねました。
かなり郊外で、動物の糞の匂いが漂っています。穏やかな田舎です。
きれいな水が不可欠だが、最近は水に塩分が入ってきて布づくりに影響を与えているというお話でした。
広い敷地では仕事をする人と無邪気に遊ぶ子供たちがいて、日本とは違う時間が流れているような、別世界に来たような気持ちになりました。
素敵な布が安かったので、ピアノカバーにと1枚買い求めました。お値打ちです。
e0027681_17472117.jpg
e0027681_17494111.jpg
e0027681_17473767.jpg
e0027681_17490914.jpg
e0027681_17483996.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2018-03-21 17:56 | | Comments(0) |
2018年 03月 21日 |
続いての訪問先はアノーキー博物館。
アノーキーはインドの伝統的なテキスタイル技術を生かして現代風にアレンジした服飾ブランド。
そのアノーキーが運営する博物館です。お店はデリーやムンバイなど大都市にあり、観光客などに人気です。そういえばアーメダバードにもありました。
ブロックプリントの木版を作る実演や、版を押す体験コーナーなどもあり、ミュージアムショップでお買い物も楽しめます。
この後は宝石店見学を経てレストランで昼食。外のレストランで食べたのは唯一この時だけだったと思います。日本から持参した除菌ウエットティッシュが大活躍。
e0027681_17304194.jpg
e0027681_17321016.jpg
e0027681_17323618.jpg



# by hanakannzasi-716 | 2018-03-21 17:28 | | Comments(0) |
2018年 03月 21日 |
象から降りてほっとして、お城の中を見学しました。美しい装飾に感動です。
そして、帰りは象ではなくジープだというので安心していました。
しかし・・・
案内された駐車場はめちゃ混みで、どうやって出るのだろう?という感じ。運転手さんたちは皆アグレッシブで、何やら大声で叫びあっています。しかもジープにはドアがない。開放感溢れています(怖っ)
ようやっと駐車場から出ると坂道を急発進!!「ぎゃ~~」思わず叫ぶと「ノープロブレム」とニコッとされました(笑) 必死でつかまっていましたが、とにかく荒い運転で、ジェットコースターかと思いました。スリル満点過ぎます。
e0027681_13275216.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2018-03-21 13:30 | | Comments(0) |
2018年 03月 21日 |
アンベール城に到着。お城は小高い山の上なので、象のタクシーに乗って上までのぼります。
そのタクシー待ちの列に物売りが群がる群がる。。。
ガイドさんに絶対に買ってはいけません、目を合わせてもいけません、と指示されていたため、無関心を装ってじっと耐えます。私たちはとりあえず中国人だと思われるらしく、最初はニーハオ、そのうち安いよ、買ってと日本語に。少しでも反応したら最後までつきまとわれるらしいです・・・
さて、やっと順番が来て象に乗りました。私は象は初めてではなく、以前タイで体験済みなのですが、その時は確か象に椅子が取り付けられていた記憶です。ところが今回は何もなく、安全柵?も折れそうな針金。
象の上の台に横乗りして運ばれるのですが、姿勢が落ち着かずのけぞるような形に・・・しかも道路脇にある城壁のほうへと象が寄っていくので怖い怖い。。。
平気で写真を撮っている人もいて信じられない! ひたすら早く着いてくれと祈っていました(笑)
自覚してはいましたが、私は相当なビビリですね。
e0027681_13064587.jpg
e0027681_13073916.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2018-03-21 13:10 | | Comments(0) |
2018年 03月 21日 |
一夜明け、旅もいよいよクライマックス。
この日最初に向かったのは風の宮殿。ピンクの美しい建物です。
これを見るため車を降りて反対側に渡ったのですが、車はどんどん通るのに信号はなし。
命がけで横断しました(笑)・・・ほんと、危ないです。
後で調べたところインドの交通事情は深刻らしいです。
車は増えているのに、交通ルールがついて行っていないようなのです。
e0027681_10180217.jpg
その昔宮中の女性はその姿を見られることを禁じられていたそうです。女性たちは小部屋から町の様子を眺めていたとか。


# by hanakannzasi-716 | 2018-03-21 10:21 | | Comments(0) |
2018年 03月 19日 |
荷物の重量制限も無事パスしてアーメダバードからジャイプールに空路移動。
飛行機はLCCということでしたが、乗り心地が良く、CAさんもキビキビしていました。
ホテルはマハラジャの別荘をリノベイトしたもので、かわいらしい内装で、ゴージャスな雰囲気でした。
お食事は外で。地元の踊りや人形劇などを鑑賞しながらのひと時。
ジャイプールが属する州ではお酒はOK、遠慮なくビールをいただきました。
お部屋には浴槽があったので、時間をかけてお湯を張り、日本から持って来た入浴剤を入れてお湯につかりました。ほっとします。
e0027681_10190201.jpg
e0027681_10195592.jpg
e0027681_10204878.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2018-03-19 10:23 | | Comments(0) |
2018年 03月 17日 |
次に訪ねたのは一見普通のお家でしたが、実は伝統工芸カラムカリの工房です。
カラムカリとは、竹の棒を使って布に染色をする技術。非常に細密な作業です。
出来上がった布は「マタ・ニ・パチェディ」と呼ばれ、祈りのために使われるそうです。この技術を受け継いでいるのは現在9家族のみということでした。
魅力的な作品を何枚も広げて見せていただきました。何人かのメンバーが買い求めていました。
e0027681_10433342.jpg
e0027681_10472328.jpg
e0027681_10481331.jpg



# by hanakannzasi-716 | 2018-03-17 10:51 | | Comments(0) |
2018年 03月 10日 |
国内線での移動があるので重量制限に備えて荷物整理。預け荷物、機内持ち込み共に制限があり、出発時刻ギリギリまでバタバタしました。
バスに乗り込みこの日の最初の訪問先「アダーラジの階段井戸」へ。階段井戸って何でしょう?日本では見たことがないものですよね。
西インドは乾燥地帯なので、地下深く掘らないと地下水を手に入れることができないとか。そのため深く深く掘って行き、階段で降りていけるように作られたそうです。
外気は30度近くあるのに、降りていくほどにひんやり。避暑もまた目的の一つだったのですね。階段の脇には美しいレリーフが掘られ、歴史的建造物としても素晴らしいものです。
ここでも校外学習の子どもたちが大勢やってきていました。東洋人が珍しいらしく、引率の先生から一緒に写真を撮ってほしいと言われびっくりしました。
e0027681_09255669.jpg
e0027681_09270084.jpg
e0027681_09251779.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2018-03-10 09:28 | | Comments(0) |
2018年 03月 06日 |
お昼はホテルに戻って食事です。外のレストランは何かとリスクがあるための配慮だと思われました。
朝食はビュッフェでしたが、お昼はコース。しかもマンチュリアンというインド式中華ということでした。チキンや野菜のエビチリ風のお料理が印象的。インドと中国の結びつきが感じ取れます。
多すぎるだろう?!と思えるウェイター達が私たちをびっちりと囲み、過剰に接客してくれました(笑)
e0027681_10015192.jpg
午後の最初の訪問地は、ル・コルビジェ建築の「繊維業会館」
ところが開館時間内であるにもかかわらず、門は閉まっています。ガイドさんたちが中の門番に交渉しますが、らちがあかない様子。頑固な門番にガイドさんたちは次第に熱くなり、顔が紅潮してきました。
開館時間に閉まっている理由はさっぱりわからないまま、諦めてバスへ。日本ではあり得ない話です・・・
e0027681_09583115.jpg
次に向かったのはサンスケル・ケンドラ美術館。こちらもル・コルビジェによる設計です。確かに日本の国立西洋美術館に似ている気がします。現代アートや、グジャラート州の歴史に関する展示を見て歩きました。社会科見学なのか、制服を着た子供たちが訪問していて、私たちにニコニコ手を振ってくれました。
庭にはたくさんの野良犬たちが休んでいます。暑いのか疲れているのか、ひたすら無駄なエネルギーを消費しないよう努めている様子でした。だけど元気だったらちょっと怖いですよね(笑)

e0027681_10003841.jpg

美術館のあとはお買い物。「options」というおしゃれなお店で肌触りの良いリネンのショールを買いました。続けてスーパーマーケットへ。ここでは店に入る時、バッグが開かないよう留め具を付けられました。レジで外してくれる仕組みになっています。
本日の予定は終了し、ホテルへ。お食事のあと、メンバーのお部屋に呼んでいただき、日本から持参のお酒をごちになりました。グジャラート州は禁酒州なので、食事の時はお酒をいただけません。少しお酒が入ってリラックスでき、疲れも取れたような気がしました。(笑)

# by hanakannzasi-716 | 2018-03-06 10:12 | | Comments(0) |
2018年 03月 04日 |
翌朝、アーメダバードでの最初の目的地、キャリコ博物館へ。
ここは公開時間が午前のみで予約制。しかも写真撮影、大きな荷物持ち込み禁止と厳しく、私たちはバスの中にカメラなどの貴重品を置いていかざるを得ませんでした。
開館まで少し時間があったので、近くのジャイナ教寺院へ。白地に金の装飾が美しい寺院でした。
寺院の入口には子供連れの家族がたむろしており、私たちに視線を送ってきます・・・
さらに博物館の前に待っていると、女の子がこちらをじっと見ています。しばらくすると先ほどよりも近くまで寄ってきました。まるで「だるまさんが転んだ」のように。
私たちが反応しないとわかると、諦めて家族のもとに戻っていきました。物乞いです。
何かあげてもいいのですがきりがなくなるので、こういう場合無視をするように言われています。
かわいい女の子でしたが。
e0027681_09121955.jpg
さて、ようやく開館したキャリコ博物館。サリーを着たベテラン学芸員の解説を聞きながら歩きます。もちろん英語で専門用語も多いので、ほとんど聞き取れません(笑) われわれの専任ガイドランジャンさんが要所要所で訳してくれました。
展示されている貴重なテキスタイルの品質を維持するため、館内は薄暗くなっています。しかも私たちの移動の後ろからパチッパチッと電気が消されていきます。(笑)
細密な模様をじっくりと見ることは許されず、学芸員さんのペースで進んでいくので、見学者の中には不平を漏らしている人もいたようです。が、膨大な内容をすべて目にするためには仕方ないようでした。
最後にミュージアムショップへ。ここで、優秀な学芸員さんはいきなり優秀な売り子さんに早変わり。
「ほしいものがあったら言ってね!」とテキパキ。ちょっと面白かった瞬間でした。
館内を出るとチャイと茹でピーナッツをふるまわれました。チャイが美味しい!


# by hanakannzasi-716 | 2018-03-04 09:27 | | Comments(0) |
2018年 02月 24日 |
成田空港からエアインディアにて10時間ほどかけてやっとデリーに到着しました。西向きは時間がかかるとは知っていましたが、長かったです・・・しかも映画や音楽のコンテンツが偏っていて、音楽などは洋楽はほとんどなくインド音楽ばかり。珍しいので最初は聞いていたのですが、ちょっと賑やかな感じの音楽が多く、後半は航空地図ばかり見ていました。
デリーで現地ガイドさんと合流し、国内線に乗り換えてアーメダバードへ向かいます。ホテルに到着したのは日本時間では既に深夜をかなり過ぎた時間。これだけは必須と頑張ってWi-Fiのパスワードを打ち込み、家族に無事着いたラインを送信しました。
歯磨きはミネラルウオーターを使うように言われ、その通り実行。シャワーしかなかったので、もう朝でいいやとベッドにもぐりこみました。飛行機や車に乗っているだけなのですが、移動だけで疲れ果てました(笑)
e0027681_10351078.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2018-02-24 10:36 | | Comments(0) |
2018年 02月 18日 |
「世の中には2種類の人間がいる。インドに行ける人間とインドに行けない人間である」 というのは有名な言葉。また、インドは呼ばれた者しか行けない。とも言われるらしい・・・
ですが、時代も変わり、そんな言葉も当てはまらなくなってきたのでしょう。私のような軟弱なおばさんもインドに行って無事帰ってきたのですから(笑)
e0027681_09530029.jpg
そうは言っても、バックパッカーになって、安宿に泊まって・・・なんてさすがに無理。航空機と専用車による移動、高級ホテル宿泊、現地ガイド付きのツアーに参加です(笑)
それでもいろいろ心配でしたから、いつもの海外旅行よりもさらに荷物が増え、国内線に乗り換える時は荷物の重量調整に苦労しました。
インド旅行で持って行って良かったもの。それはやはりトイレットペーパー、除菌ウエットティッシュ、手ぴかジェルなどの衛生用品でした。環境が違いますから、旅行者としては必須?となります。
また、出発の2週間前からアールワンを毎日飲んでいました。その効果かわかりませんが、とりあえず旅行中の体調は万全でした。





# by hanakannzasi-716 | 2018-02-18 10:10 | | Comments(0) |
2018年 02月 04日 |
私が日本各地を旅する楽しみの一つに地方の美術館めぐりがあります。
広島には有名な美術館が多く、今回は3館訪れることができました。

広島市現代美術館
ひろしま美術館
広島県立美術館

特にひろしま美術館はフランス印象派の作品が充実していて見ごたえがありました。
広島市現代美術館は日本初の公立現代美術館です。山の中にあり、建物は黒川紀章氏の設計です。
広島県立美術館は縮景園に隣接し、近くには広島城もあります。施設は大きくてのんびりと過ごせます。

広島には以前から行ってみたかったのですが、新幹線でも飛行機でも東京からはいまいちのアクセスで、ついつい後回しになっていました。父と母と家族で旅行した地を再び訪れることができ、感慨深いものがありました。
いずれ、自分が産まれた地であるお隣の山口にも行ってみたいと思います。3歳で引っ越したので全く記憶はないんですが・・・(笑)

20180106-08 広島

# by hanakannzasi-716 | 2018-02-04 12:16 | | Comments(0) |
2018年 02月 04日 |
宮島から高速船で直接平和記念公園へ。
原爆資料館を見学しました。
爆心地に向かって空から自分の身体が落ちていくようなインパクトの強い映像がありましたが、
全体的に生々しい印象は少なかった気がします。
長崎の原爆資料館のほうが、目をそむけたくなり、逃げ出したくなるような展示が多かったように思います。
後からタクシーの運転手さんに聞いたところでは、現在改修中で、以前は蝋人形などがあり子どもが怖がるので、そうした展示は今少なくなっているという話でした。
いいのか悪いのか・・・いや、よくない傾向のようにおもわれますが、どうなんでしょう。

e0027681_11545106.jpg
e0027681_11561311.jpg
e0027681_11552908.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2018-02-04 11:57 | | Comments(0) |
2018年 01月 21日 |
広島駅からJRで宮島口。フェリーで宮島を目指します。大鳥居のそばに人が見えたので、まだ干潮だとわかります。急ぎ足で大鳥居へ。既に満ち始めていたので、記念写真を撮ることに夢中になって中州に取り残され、慌てて海水を踏みながら戻る観光客の姿が見られました。
e0027681_17553482.jpg
しばらく感慨にひたったのち、厳島神社を参拝。初詣なので、おみくじとお守りを買いました。自分のために旅守りを、息子には交通安全守りを。おみくじは吉でした。
e0027681_17593017.jpg
宮島の中をウロウロしていたらもみじ饅頭のお店がありました。実演販売をしています。美味しそうなので出来立てを1個いただきました。
e0027681_18052670.jpg
大鳥居に戻るとすっかり満潮。両方見られてラッキーでした。
e0027681_18015755.jpg
それから参道の商店街でお買い物。お土産屋さんや食べ物屋さんが延々と続きます。かなり楽しいです。
焼き牡蠣のお店もあり魅力的でしたが、実は年末に牡蠣にまつわる嫌な体験をしたため、せっかく広島に来たのに一粒も食べられませんでした。最近は海の汚染により、安心して牡蠣を食べることはできなくなってきましたね。。。牡蠣は全然悪くないんですが・・・
そういうわけでお昼はあなご飯です。宮島ビールも。
帰りは世界遺産航路で平和記念公園へと直接向かいました。
e0027681_18095522.jpg


# by hanakannzasi-716 | 2018-01-21 18:24 | | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon