響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
青森犬
2011年 01月 27日 |
七戸十和田は空も青く寒さもほどほどでしたが
新幹線で一駅、新青森に近づくと
全然違う世界が展開されていました
暗い空、しんしんと降る雪・・・
駅付近をぶらぶらしてからホテルへと考えていましたが
冷たい雪にそれどころではなく、即チェックイン!

翌日、青森駅へ行くと何だか尋常ではない雰囲気です
どうやら大雪のため在来線(奥羽本線)が止まっているらしい・・・
新青森までたったの一駅なのに
青森駅で動けず新幹線にも乗れず困っている人がたくさんいました
新横浜と同じで、青森駅から直接新幹線には乗れないので不便と言えば不便
せめて新青森間のシャトルバスがあれば・・・

さて、私はバスに乗っていよいよ今回の目的地へ!!
バスに乗りながらも雪の凄さに唖然としていました
だってバス停が埋もれているんですよ!
屋根の雪おろしをするお年寄りの姿も見えて危ないなぁ、と思いました
県立青森美術館
三内丸山遺跡に着想を得た建築を楽しみにしていたのに建築もなにも・・・
すべて雪の中に埋もれていました(笑)
そして、青森犬も
e0027681_21463266.jpg

by hanakannzasi-716 | 2011-01-27 21:48 | アート | Comments(2) |
Commented by saheizi-inokori at 2011-01-28 10:02
縄文時代にはもっと温かったのでしょうかね。
Commented by hanakannzasi-716 at 2011-01-30 00:45
そう言えば暖房もない大昔
こんなに寒い土地に遺跡があるのは不思議ですね!
今よりも温暖だったのでしょうか・・・

<< 青森県立美術館 ページトップ 十和田市現代美術館 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon