響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
田中一村展滑り込み!
2010年 09月 26日 |
e0027681_2219870.jpg千葉市美術館へ。若冲展以来2回目です
今日はいつもと違うルートで千葉へ
新宿から埼京線りんかい線直通で新木場
新木場から京葉線で千葉みなと
千葉みなとから千葉都市モノレールで葭川公園
徒歩5分で千葉市美術館です
京葉線快速は速かったですけど
乗りかえも多いし特に便利なわけじゃないので
帰りは千葉からまっすぐ東京へ向かいました

交通ルートに関してはこのくらいで^^
田中一村展
迷ったあげく最終日に滑り込みました
人気があるらしく結構混んでいました
奄美大島の風景を描いたことで有名なこの画家は
20年も千葉に住んでいたそうです
千葉の風景には懐かしい日本の姿が描きこまれています
小さい頃神童と呼ばれたそうで、
わずか7歳ほどで信じられないほどの画力を示しています
大学を中退するも若い頃はもてはやされ大活躍しますが
その後鳴かず飛ばず・・・
公募展にもなかなか入選できず
失意の中?奄美大島へとわたります。
晩年までメジャーになることはありませんでしたが
死後、テレビで紹介されたことを機に画業が注目され
奄美大島の画家として脚光を浴びることになります
その集大成とも言える代表作
「不喰芋と蘇鉄」「アダンの海辺」は圧巻です
アンリ・ルソーの南国の絵にも似ていますが
ルソーと違いその地に住みスケッチを重ねた末の渾身の作
生命エネルギーがほとばしるのを感じます
この展覧会では、スケッチも含め
田中一村の仕事を詳細に調査しその全貌を明らかにしようとしています
熱い展覧会でした
by hanakannzasi-716 | 2010-09-26 22:14 | アート | Comments(1) |
Commented at 2010-10-03 01:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ネイチャーセンス展 ページトップ ポーランドの至宝 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon