響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
ぐるっとパスで
2010年 01月 28日 |
ぐるっとパスの期限が近付いてきたので、
先週末は無料で入れるミュージアムをあちこち回りました。
まずは、ニューオータニ美術館の新春展。
ホテルの入り口には報道陣がびっしり。
フロントで「何の取材ですか?」とさりげなく聞いてみたけど
「さあ?こちらではわかりません」とかわされました。
展示内容は昨年訪ねた時とほとんど変わりませんでした。
でも、同じ絵を何度見ても新しい発見があるので飽きることはありません。
アンドレ・コタボの厚塗りの絵の隣に、
ポール・ギアマンの幻想的な作品が並んでいたのが印象的でした。

次に、泉屋博古館分館へ。
こちらも「春の装い」と題して新春らしい作品が並んでいました。
右側の部屋には工芸品と着物。柴田是真の蒔絵や仁清の丸型香炉など。
江戸時代の振袖や狩衣、見事な文様にほれぼれします。
左側は絵画。寿老人や鶴、干支の寅などおめでたい画題のものを中心に。
橋本雅邦は上手いなぁといつも思ってしまいます。

翌日、出光美術館で「麗しのうつわ」を観ました。
あらゆる種類の焼き物が並んでいてとても勉強になりました。
尾形乾山の皿はとても丁寧に作られていて人柄が伝わります。
志野や唐津もなかなかいいものですね。
薩摩焼が1点だけありましたが、花と蝶が描かれた豪華なもので魅力的でした。

以上すべて無料です。
ぐるっとパスは2000円。元は取れていると思います(笑)

20100123-24
by hanakannzasi-716 | 2010-01-28 21:42 | アート | Comments(0) |
<< ルノワール~伝統と革新 ページトップ 土偶ちゃん >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon