響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
2014年 11月 01日 |
次女24歳が3歳から13歳まで習っていたヴァイオリン。
おもちゃみたいな16分の1からフルサイズになるまで、毎日真面目に練習していました。
なので、うちにはヴァイオリンがあります。

何か楽器をおけいこしたいな~
と漠然と夢を抱いていました。
何がいいかな?昔むかしに習っていたピアノでもいいけど・・・
そうだ!!ヴァイオリンを弾こう!!

なぜなら、
楽器がある。
初級から上級までの楽譜とCDがそろっている。
先生ではないが、楽器を手にすればバッハのコンチェルトなど演奏可能な娘がいる。
そして何よりも、その娘のレッスンに立会い続けた記憶の集積が私にはある・・・

そんなわけで、この頃少しずつおけいこしています。
全然できなかったことが、少しずつできてくるのがとても嬉しい。
認知症予防の一環として、続けていきたいな、いけるかな?
# by hanakannzasi-716 | 2014-11-01 21:16 | 音楽 | Comments(2) |
2014年 09月 14日 |
例によって旅から3週間が経ちましたが、とり急ぎの記録終了です。
一人旅も良いですが、家族旅行も楽しいものですね~
お金がかかりすぎたので、しばらく旅行は自粛します(笑)

でも、一人で週末プチ旅くらいなら・・・
# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 18:03 | | Comments(2) |
2014年 09月 14日 |
三日目。次女、長男のリクエストもあり、伊勢神宮に寄って帰ることにしました。
今までお天気に恵まれてきたのですが、内宮行きバスに乗ったとたん大雨となりました。
到着後も降りやまず、ずぶぬれ状態で伊勢うどんの店へ。
うどんを食べているうちにみるみる晴れて、服を乾かしがてらの参拝となりました。
もちろんおかげ横丁へも。赤福氷もいただきました。
e0027681_17541281.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:54 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
二日目の夜は太平洋に面した旅館に宿泊。お部屋からのマリンビューが素晴らしすぎて感激しました。朝食のみなので夜は街に出てお寿司をいただきました。値段が書いてなかったのでびびりながらの注文でしたが(笑)
温泉も良かった~~~♪
e0027681_17433191.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:44 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
串本駅に戻り、バスで潮岬へと向かいました。本州最南端です。
タワーに登ると、本州最南端訪問証明書というのをもらえます。
タワーの途中に鏡の部屋があって、のっぽや太っちょに変身できます(笑)
今や使われていない椅子やテーブルなどがあり、廃墟感が漂っていましたが・・・
帰りは電車を使わずバスで直接紀伊勝浦へ戻りました。
e0027681_17235857.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:24 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
串本では行きたい場所がいくつかありましたが、時間もおしていたので二つにしぼりました。
まずは徒歩で無量寺へ。ここには応挙芦雪館があります。芦雪の「虎図」は以前東博で目にしていますが、やはり迫力があります。芦雪は虎を実際に見たわけではなく、猫のイメージを虎へと膨らませています。非常にのびのびと描かれています。
余談ですが、無量寺の来館者ノートに「入館料1300円は高い。無料寺にしてほしい」と書かれていて笑いました。
e0027681_17161014.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:16 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
太地くじら浜公園で下船し、鯨の博物館を見学したあと、クジラ料理店へ。
クジラベーコン、クジラカツなどをいただきました。
私の子どものころは今よりポピュラーな食べ物でした。お酒のおつまみにもクジラベーコンを時々注文していましたっけ・・・とても久しぶりです。
e0027681_1755454.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:06 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
翌日、ホテルのフロントに「太地へ行くには電車かバスどちらが便利ですか?」と質問したところ、「船が出てますよ」と遊覧船をすすめられました。
紀の松島と呼ばれる太平洋に浮かぶ奇岩を眺めながら太地へと向かうコースに乗船。
お天気も上々、波は穏やかで最高のクルーズとなりました。
e0027681_16485523.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 16:49 | | Comments(0) |
2014年 08月 31日 |
いつもの一人旅ではふつうのホテル。大浴場がついていればラッキーなほう。
今回は3人なので和室の旅館をチョイス、しかもお食事と温泉付きです。
熊野古道で汗びっしょり、お風呂が楽しみでたまりません。
私たちの旅館にも温泉はあるのですが、船に乗って系列の大きなホテルへと向かいます。有名な洞窟の温泉があるのです。
ホテル浦島というのですが、中は広くて迷路のよう。さっそくお目当ての「忘帰洞」へ。
ざー、ざーっと波の音。洞窟内に温泉があり、そこから海が見渡せます。
もう、感動しました。帰るのを忘れる、という名前の由来がよくわかりました。
再び小型船で宿泊する旅館へ。食べきれないほどの「まぐろ尽くし御膳」幸せすぎて怖い^^
e0027681_21361923.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-08-31 21:39 | | Comments(0) |
2014年 08月 30日 |
今年の夏は台風の襲来や前線の停滞による天候不順などにより、夏らしい日々が短かったように思えます。特に西日本は災害も多く、観光どころではない地方も多かったようです。
8月後半に設定した南紀旅行も、台風など万が一の場合はキャンセル、行先変更も覚悟していました。
ところがふたを開けてみればお天気に恵まれ、無事旅程を消化することができました。
特に今回は次女、長男を伴い、私の企画力が試される部分もありましたので、ほっとしています。(笑)
まず、なぜ南紀?ですが、いくつかきっかけがありました。
1 熊野古道を歩いてみたかった。
2 根津美術館で那智の瀧図を目にして以来、是非リアル那智の滝を見てみたいと思っていた。
3 串本にある応挙芦雪館に行ってみたかった。
4 鯨のまち太地を訪れてみたかった。

1に関しては、今回の旅では思い切り熊野古道を歩いたとは言えません。那智大社へ行くときにちょろっとだけ。それでも結構きつかったですが。
2、3、4に関してはしっかり楽しめました。やはり、私一人ではなく、娘、息子にも楽しんでもらうため、バラエティを重視した計画を立てる必要があり、海、山ともに味わえる南紀は素晴らしい場所でした。そして温泉も、まぐろも!!
e0027681_16411199.jpg

e0027681_1641296.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-08-30 16:42 | | Comments(0) |
2014年 08月 24日 |
e0027681_1885399.jpg
良い旅でした。
# by hanakannzasi-716 | 2014-08-24 18:11 | | Comments(0) |
2014年 07月 19日 |
すっかり忘れていましたが、7月16日、私の誕生日にこのブログは10年目を迎えていました。続けていることだけが取り柄のブログでありますが、自分の記録として意義はあるみたいです。
この10年近くの間に、子どもたちは次々成人し、一番下の息子ももうすぐ20歳の誕生日を迎えます。世の中もめまぐるしく変化し、今やブログよりもSNSが盛んな時代となりました。
私は匿名性が気に入っているので、ブログを手放さずに続けていくかな~と思っています。Twitterも少しやってみましたが、あまり意味を感じずやめました。
飽きっぽい性格そのものに、ブログに書くジャンルもどんどん変わっていき、今は主に旅の記録がその中身となりました。更新が遅くなりがちですが、マイペースでもいいや、と思っています。
こんな私ですが、もしも読んでいただけましたなら、これからもよろしくお願いいたします。
2014年 07月 19日 |
6月19日(木)遠野
6月20日(金)平泉
6月21日(土)遠野
6月22日(日)長野
変な日程の旅になりましたが、大人の休日切符だからこそ!!
これだけダイナミックに動くと46510円の交通費がかかります。
でも大人パスだから17000円オンリー!
3万円近く得しちゃいました。JR東日本さんありがとう!!
そういうわけで日曜日は大宮経由で新幹線に乗りまくり長野へ。
私の大切な友人と会って、戸隠、野尻湖と案内してもらいました。
たくさんたくさんお話をしました。

旅行に出てから1か月経ってしまいましたが、これにて記録終了です。
次はどこに行こうかなあ~~
とすでに計画練り中です^^
ではまた~~♪
# by hanakannzasi-716 | 2014-07-19 13:14 | | Comments(0) |
2014年 07月 19日 |
金曜日は遠野から新花巻経由で一関へ。宿泊予定のホテルに荷物を預け、平泉へ。何とか午前中に到着することができました。
在来線の中で、外国人バックパッカーが、そろそろ電車が止まるギリギリまで、iPadやiPhoneを出しっぱなしにし、座席に荷物を広げたままなのが気になりました。
そしたら、その隣の女性が「もうすぐ平泉ですよ~」と教えてあげていました。気になるのは私一人じゃなかったみたいですね(笑)
でも、バックパッカーさんは落ち着いて本当にぎりぎりになって荷物をしまい、悠然と下車していきました。以前シンガポールで川に落ちそうな場所で荷物を広げてリラックスしている外国人女性を見ましたが、どうも日本人とはそういう面で感覚が違うような気がしますね~
私は気が小さいので、降りる一つ前の駅ですでに下車スタンバイしてますが(笑)
さて、遠野とはずいぶん違い、世界遺産平泉は平日でも大勢の観光客でにぎわっていました。交通も至って便利! 巡回バスがしょっちゅう出ているので車がなくても全然困りません。
まずはともあれ中尊寺へ。
e0027681_12491326.jpg
さわやかな杉並木を歩いていきます。藤原清衡がここを気に入って中尊寺を建立した気持ちが伝わってくるようです。ここに佇むと戦争をしようなどとは決して思わないのではないかと感じます。
e0027681_12521139.jpg
この建物の中に金色堂が入っています。風雨にさらされないよう守っているのですね。金色堂は以前世田谷美術館で目にしたことがあり、二回目です。
e0027681_1254814.jpg
修学旅行のメッカなんですね!
お昼は自然薯蕎麦をいただき、毛越寺へ向かいました。
もうつうじと読みます。もうえつじだと思っていました^^
e0027681_12575539.jpg
こちらは建物はほとんど残っていず、美しい池があります。アヤメが見ごろでした。
# by hanakannzasi-716 | 2014-07-19 12:59 | | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon