響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
2015年 09月 08日 |
e0027681_00054529.jpg
翌日はノロッコ号に乗って釧路湿原へ。
私はこの日、何とも情けない経験をしました。
旅行というものの本質をあらためて考えさせられました。
あまりにも情けないので書きたくないのですが、反省をこめて淡々と書きます。

そもそも事前の調査が不足していました。
1か月も前にノロッコ号の指定券を買ったところで思考停止。
塘路で降りれば観光案内所があるだろう、そこでパンフレットをもらって質問して、行動を決めればいいと漠然と思っていたのです。

ノロッコ号が走り出してから私は違和感を感じ始めました。
ガイドブックに載っていた湿原のイメージがあらわれてこないのです。
私のイメージは俯瞰で見る釧路湿原。
当然のことながら、地面を走る鉄道からはそんな景色は見えてきません。
それどころか近くの木が邪魔で(笑)景色がよく見えなかったり^^
そう、展望台に登らなければ俯瞰の景色は見えないのです。

終点の塘路を降り、私はキョロキョロ観光案内所を探しました。
ところがあるのはいもだんご屋さんとトイレだけ。
駅には小さなカフェがひとつあるだけ。
そして数台の自転車が並んでいました。

ここでなぜレンタサイクルを借りなかったのだろう?
後から悔やんでもどうしようもないことです。
なぜか私たちは歩き出してしまいました。
そして、塘路湖の施設で展望台について質問しました。
そして歩いて往復すると帰りのノロッコ号に間に合わないということがわかりました。
ここでいったん諦めて近くの店でラーメンを食べました。
駅に戻ってきたとき、1時間と少ししか時間が残っていませんでした。
その時自転車が目に入り、自転車なら間に合うかもしれないと思ってしまったのです。

時間がないので焦っています。
駅のカフェの主人の説明をちゃんと聞いていませんでした。
カフェの主人は「二本松の展望台」なら充分間に合うと言っていたのでした。
ところが私の脳内には「二本松の展望台」はインプットされていませんでした。
ちょっと変だと思いつつ遠い「コッタロ展望台」を目指してしまいました。

行けども行けども展望台には行きつきません。
「間に合わないから戻ろう」と私は何度も娘に提案しました。
しかし娘は「せっかく来たのだから展望台から湿原を見たい。次の汽車でいい」と申します。
ここからは価値観の違いによる親子の戦いです。
次の汽車は3時間も後なのです。
「何としてでも予定通りの汽車に乗りたい」という考えから離れられなかった私。
必死に漕いで展望台にたどり着いたのはいいのですが、景色もほとんど見ずに、
「帰るよ!!」と言って元来た道を走り出したのです。
娘はしぶしぶついてきました。
まるで競輪選手のように自転車をかっ飛ばして駅に着いたら、ノロッコ号はたった今走り出したところでした。
悔しくて悔しくて私は思わず言い放ちました。
「だから途中で戻ろうって言ったのよ!これから3時間もこんな何もないところでどうすればいいのよっ!!!」
するとうしろからカフェの主人の声が聞こえてきました。
「何もないって?そんなことはないですよ。ここには都会にはないいいものがたくさんあるんですよ」
私はハッと気づきました。とんでもない失言をしてしまったことに。
気を取り直してコーヒーを注文し、少し落ち着いてから、
私たちが行先を勘違いしていたこと。
どうせ間に合いそうにないなら、展望台でゆっくり過ごしてのんびりサイクリングすればよかったこと。
に思い至りました。
娘のほうがまっとうな考え方をしていたというわけです。
さらに、「このあたりは野生動物がよく出てくるのですか?」と質問し、
「いっぱいいますよ。さっき会わなかったですか?」と返されました。
はい、競輪選手みたいに流線型になっていたから回りなど見ていませんでした(笑)

カフェの主人はカヌーの手配をしようとしてくれたのですが、これも時間的に間に合いませんでした。
結局、店を閉めて車で隣駅にほど近い温泉に連れて行ってくれたのです。
「客なんかもう来ないから大丈夫」と言ってくださって・・・
もう申し訳なくって。。。
車の窓からエゾシカが見えました。広大な湿原が広がっているのを感じることができました。
カフェの主人にも、娘にも悪いことをしました。
娘とはそのあともしばらくギスギスしておりました。

汽車の時間に間に合うことにこだわって、発想を変えることができなかった自分があまりにも情けないです。
そして、「何もない」ところでは「することがない」という典型的な都会人の発想。
こんな私に旅をする資格があるのでしょうか?
最近自分の旅がマンネリになってきたことにうすうす気づいていましたが、
それは自分の心の狭さに起因していたんだな、と。

長くなりました。
ごめんなさい。




# by hanakannzasi-716 | 2015-09-08 00:59 | | Comments(0) |
2015年 08月 29日 |
e0027681_12220898.jpg
観光案内所でパンフレットをもらって釧路のまちをブラブラ。
幣舞橋を渡るとそこは港です。イカ釣り船でしょうか?
歌人の石川啄木は、釧路で新聞記者として働いていたことがあるそうです。
当時の釧路新聞社を再現した「港文館」で啄木に関する史料などを見ました。
どうも啄木は女性関係が激しかったようです。そんな無駄な?知識を得ただけでしたが(笑)
それから釧路市生涯学習センターの展望台でビールを飲んだり、足湯でリラックスしたり、
釧路フィッシャーマンズワーフMOOでお買い物をしたりと楽しみました。
メインの通りはシャッターが閉まっている店も多く、寂しい感じを受けました。


# by hanakannzasi-716 | 2015-08-29 12:38 | | Comments(0) |
2015年 08月 21日 |
e0027681_09520922.jpg
和商市場では楽しみにしていた勝手丼をいただきました。
まず、ご飯を買い、上に好きな具材をのっけていきます。
予算も頭に入れながら、慎重に・・・
出来上がったのは海鮮ちらしですけど、過程が楽しいのですね!
ウニが特に美味しかったです!!


# by hanakannzasi-716 | 2015-08-21 09:56 | | Comments(0) |
2015年 08月 17日 |
e0027681_10013959.jpg
久しぶりに飛行機に乗り、釧路空港へ降り立ちました。
空港からバスに乗り50分ほどで釧路駅へ到着します。
ホテルにチェックインして、まずは和商市場へ。
市場の手前側はコンビニでした。


# by hanakannzasi-716 | 2015-08-17 10:08 | | Comments(0) |
2015年 07月 12日 |
e0027681_10443806.jpg
東北新幹線、こまちとはやぶさの連結部分です♪
大人の休日倶楽部パスっていうのは基本的にオフシーズンの発売。
私がこれに乗ったのはまさに東北地方が梅雨入りした日でした。。。
雨ニモマケズ、車内は大人たちで賑やか満員!
「雨だよいやだね~」とお喋りしながらみんな楽しそう♪
私はもちろん一人旅。そして行先について迷っていました。
田沢湖までの指定は取ってあったのです。が、この天気では・・・
迷いながらも盛岡を通りすぎ、列車は秋田新幹線のレールを走ります。
田沢湖で下車してみると景色はもちろん雨、しかもバスは40分後。
やっぱりせっかく田沢湖に行くなら晴れ渡った日にしたいな!
私はまもなく到着した盛岡方面のこまちに飛び乗りました。
在来線の線路を走るこまちの車窓は美しく、雨に濡れた日本の景色を楽しむことができました。
さて、盛岡。何をしようか・・・
以前来たときは震災の前で、雪の季節だったのを覚えています。
じゃじゃ麺を食べて、締めにチータンタンというスープをいただきましたっけ。
雨バージョンではやはり美術館。
傘を差し、とぼとぼ歩いて県立美術館へ。
企画展は「ゴーギャンとポンタヴァンの画家たち」これは当たりでした。
地方の美術館は静かで落ち着くのが常ですが、今回ばかりはそれなりの人出でした。
でも東京で同じ展覧会をやったら人口密度半端ないと思います。
ゆっくり美術館で半日をすごし、帰りはバスで盛岡駅へ。ホテルへチェックイン。
こんな大人の休日もいいよね!

翌日東北地方の天気予報は全面的に雨。
太陽を求めて大宮経由で長野まで足をのばしました。
こんな急な変更でもすぐに対応して会ってくれるお友達がいて私は幸福者です。
駅前で美味しい蕎麦を食べて、友達の車で飯山駅までドライブ!
北陸新幹線の開業でおNEWになった飯山駅でしばらくすごし、
はくたかに乗車して北陸新幹線初体験を楽しみました。
指定も取れず混んでいましたが、ラッキーなことに長野からは座れました。
こんな大人の休日もいいよね!

実は会社には内緒なんですが(笑)、月曜日に出社して火曜日にお休みし、
有効期間内の大人パスを使って仙台まで行きました。内緒ですよ(笑)(笑)
仙台ではバスに乗って宮城県美術館へ。「杉戸洋展」他常設などをゆっくり見ました。
バスを乗り間違えて、東北大学のキャンパスの奥深くまで行ってしまい、戻ってきて歩きました。東北大学って山の中にあるんですね!
戻りますが、仙台駅についたとたん、待合のテレビに人がたかっているので何かと思ったら、
新幹線内焼身自殺のニュース。今まさに新幹線から降りたところだったのでリアルでぞっとしました。
帰りは指定を取ってから駅で牛タンをいただきました。
おみやげはもちろん笹かまぼこです。
今度は松島にも行ってみたいな~
東北新幹線の仙台ー大宮間は結構飛ばすので身体が浮いて飛行機に乗っているみたいです。
今回トータルで6万円以上分新幹線に乗りましたが、大人パスは15000円ジャストです。
こんな大人の休日って最高ですね!!

20150627-30

# by hanakannzasi-716 | 2015-07-12 11:32 | | Comments(0) |
2015年 06月 18日 |
e0027681_10052411.jpg
二日目は、まずバスに乗って徳川園へ。徳川美術家で「国宝 初音の調度」を見ました。
家光の長女、千代姫の絢爛豪華な嫁入り道具です。
徳川園を散歩したあと、敷地内にある日本料理店にでも、と思いましたが混んでいて予約なしでは入れませんでした。
暑くなってきたので最中アイスで一服♪
再びバスで栄あたりへ。味噌カツとビールをいただきました。
午後は愛知県美術館へ。企画展は恩地孝四郎と仲間たちの木版画。パンフレットは少女漫画風になっており、結核で亡くなった青年を美しく描いていました。本人たちが見たら苦笑いしそうです。
ここでの収穫は休館中の豊田市美術館の作品を展示していたことです。豊田市美術館は電車などでは行きにくい場所なのでラッキーでした。クリムトやココシュカ、フランシス・ベーコンなど見ごたえのある作品がいくつもありました。

犬山~名古屋旅:20150523-24


# by hanakannzasi-716 | 2015-06-18 10:22 | | Comments(0) |
2015年 06月 08日 |
e0027681_72406.jpg

織田信長の弟、織田有楽斎が建てた如庵を有する有楽苑へ。
写真は旧正伝院書院。有楽斎の隠居所だそうです。縁側に腰掛けて抹茶をいただきました。
心穏やかになるひとときでした。
有楽苑は犬山城の近く、名鉄犬山ホテルの一角にあります。
如庵は国宝で、普段は外からのぞくのみ。書院は重要文化財です。
# by hanakannzasi-716 | 2015-06-08 07:11 | | Comments(0) |
2015年 06月 04日 |
e0027681_721337.jpg

e0027681_724658.jpg

松本城
彦根城
そして、犬山城
まだ訪れていないのは姫路城。
国宝お城巡り♪
# by hanakannzasi-716 | 2015-06-04 07:05 | | Comments(0) |
2015年 03月 14日 |
今回は4つの美術館をめぐり、立ち寄り湯を楽しむ旅となりました。
宿泊したのは駅前のビジネスホテルですが、お風呂は温泉旅館の立ち寄り湯を利用したのです。
これはリーズナブル。ただし、注意点がひとつ!
地方の立ち寄り湯の場合、とても早く終わってしまうので、昼間のうちに入らなければなりません。
利用時間を調べておかないと、がっくり・・・ということも。

そして、今回訪ねた美術館は以下の4つ。

米沢市上杉博物館
出羽桜美術館
天童市美術館
広重美術館

特に、天童は美術館が多いのですね。3館歩いて回れる範囲にありました。

米沢市の上杉博物館は、国宝の「上杉本洛中洛外図屏風」で有名です。
が、今回はレプリカでした。本物にはめったに出会えないようです。
ここでは上杉鷹山の生涯を描いた映画を見て、日本史のお勉強。
そして、企画展「冬虫夏草の世界」植物学者清水大典の細密な絵を鑑賞。
冬虫夏草、ちょっと気持ち悪いですが、不思議な世界ですね。

出羽桜美術館は、李朝陶磁を中心とした焼き物が、昔ながらの日本家屋に展示されています。
静か~な雰囲気。少しお酒の匂いがします。出羽桜酒造の敷地内にありますから。
別館では、斎藤真一放浪記展を。ここも静か~。

次に天童市美術館。
ここではたまたま新収蔵品展として、熊谷守一の絵をたくさん見ることができました。

最後に広重美術館。幕末、天童藩が財政難を解決するために、広重に肉筆画を描いてもらったそうで、その作品群を天童広重と呼ぶそうです。
ちょうどひな祭りの季節。お雛様の展示も同時に行われていて、華やかでした。

地方の美術館は空いているので、気持ちが落ち着きます。
東京の美術館の人ごみ、人と人とのわずかな間から作品をのぞくストレス・・・
はっきり言って美術館疲れに陥っていました。
空いているのは美術館にとって、地方にとって良いことではないですけど、
訪れる人間にとっては時にはありがたいです。
地方の美術館巡り・・・いいかも。

旅から東京に戻るといつも人の多さに辟易します。
どこから湧いて来たのかと・・・その中には自分もいるのですが^^

e0027681_14154834.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2015-03-14 14:16 | | Comments(0) |
2015年 03月 06日 |
父の容体が落ち着いているので、先週末大人の休日パス旅を楽しんできました。
雪もちらつき寒かったのですが、花粉を避けられたし、ばっちり防寒して快適でした。
行先は、東北地方で唯一足を踏み入れたことがなかった山形県です。
e0027681_1044597.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2015-03-06 10:45 | | Comments(0) |
2015年 02月 13日 |
年を重ねるごとに筋肉が衰えるのだそうです。
考えてみれば当たり前ですね。
筋肉じゃないところもいろいろ衰えますし・・・

そこで、
ジムでプールに加えてマシンを使った筋トレも開始しました。
特に背中を鍛えたいと思います。
私は股関節が悪いので、そこを避けてプログラムを組んでもらいました。

続くかな~~~?
# by hanakannzasi-716 | 2015-02-13 23:09 | 健康 | Comments(0) |
2015年 01月 17日 |
ANAのマイルがついに有効期限を迎え、かといって旅行の予定もないので、あわてて商品と交換しました。
ビジネスクラスで提供されているワインを含んだワイン福袋。赤白取り混ぜ合計6本です。
しばらく楽しめそうです。
e0027681_1538239.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2015-01-17 15:38 | その他 | Comments(0) |
2015年 01月 02日 |
あけましておめでとうございます。

ゆったり、のんびり、お正月をすごしております。

最近つくづく、未来のことはわからないと思うのです。

それはあたりまえのようで、いつもは意識していないこと。

こうしてのんびりしている時間も今だけのことかもしれません。

だから今、この時に感謝!!

でも、やりたいことはたくさんあるので、あれもこれもと想いめぐらせては、

形のない未来に懸命に形を与えようとしています。

それが希望なのですね。

もう一日が過ぎてしまいましたが、今日も大切に過ごします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2014年 11月 01日 |
次女24歳が3歳から13歳まで習っていたヴァイオリン。
おもちゃみたいな16分の1からフルサイズになるまで、毎日真面目に練習していました。
なので、うちにはヴァイオリンがあります。

何か楽器をおけいこしたいな~
と漠然と夢を抱いていました。
何がいいかな?昔むかしに習っていたピアノでもいいけど・・・
そうだ!!ヴァイオリンを弾こう!!

なぜなら、
楽器がある。
初級から上級までの楽譜とCDがそろっている。
先生ではないが、楽器を手にすればバッハのコンチェルトなど演奏可能な娘がいる。
そして何よりも、その娘のレッスンに立会い続けた記憶の集積が私にはある・・・

そんなわけで、この頃少しずつおけいこしています。
全然できなかったことが、少しずつできてくるのがとても嬉しい。
認知症予防の一環として、続けていきたいな、いけるかな?
# by hanakannzasi-716 | 2014-11-01 21:16 | 音楽 | Comments(2) |
2014年 09月 14日 |
例によって旅から3週間が経ちましたが、とり急ぎの記録終了です。
一人旅も良いですが、家族旅行も楽しいものですね~
お金がかかりすぎたので、しばらく旅行は自粛します(笑)

でも、一人で週末プチ旅くらいなら・・・
# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 18:03 | | Comments(2) |
2014年 09月 14日 |
三日目。次女、長男のリクエストもあり、伊勢神宮に寄って帰ることにしました。
今までお天気に恵まれてきたのですが、内宮行きバスに乗ったとたん大雨となりました。
到着後も降りやまず、ずぶぬれ状態で伊勢うどんの店へ。
うどんを食べているうちにみるみる晴れて、服を乾かしがてらの参拝となりました。
もちろんおかげ横丁へも。赤福氷もいただきました。
e0027681_17541281.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:54 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
二日目の夜は太平洋に面した旅館に宿泊。お部屋からのマリンビューが素晴らしすぎて感激しました。朝食のみなので夜は街に出てお寿司をいただきました。値段が書いてなかったのでびびりながらの注文でしたが(笑)
温泉も良かった~~~♪
e0027681_17433191.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:44 | | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon