響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
2015年 06月 04日 |
e0027681_721337.jpg

e0027681_724658.jpg

松本城
彦根城
そして、犬山城
まだ訪れていないのは姫路城。
国宝お城巡り♪
# by hanakannzasi-716 | 2015-06-04 07:05 | | Comments(0) |
2015年 03月 14日 |
今回は4つの美術館をめぐり、立ち寄り湯を楽しむ旅となりました。
宿泊したのは駅前のビジネスホテルですが、お風呂は温泉旅館の立ち寄り湯を利用したのです。
これはリーズナブル。ただし、注意点がひとつ!
地方の立ち寄り湯の場合、とても早く終わってしまうので、昼間のうちに入らなければなりません。
利用時間を調べておかないと、がっくり・・・ということも。

そして、今回訪ねた美術館は以下の4つ。

米沢市上杉博物館
出羽桜美術館
天童市美術館
広重美術館

特に、天童は美術館が多いのですね。3館歩いて回れる範囲にありました。

米沢市の上杉博物館は、国宝の「上杉本洛中洛外図屏風」で有名です。
が、今回はレプリカでした。本物にはめったに出会えないようです。
ここでは上杉鷹山の生涯を描いた映画を見て、日本史のお勉強。
そして、企画展「冬虫夏草の世界」植物学者清水大典の細密な絵を鑑賞。
冬虫夏草、ちょっと気持ち悪いですが、不思議な世界ですね。

出羽桜美術館は、李朝陶磁を中心とした焼き物が、昔ながらの日本家屋に展示されています。
静か~な雰囲気。少しお酒の匂いがします。出羽桜酒造の敷地内にありますから。
別館では、斎藤真一放浪記展を。ここも静か~。

次に天童市美術館。
ここではたまたま新収蔵品展として、熊谷守一の絵をたくさん見ることができました。

最後に広重美術館。幕末、天童藩が財政難を解決するために、広重に肉筆画を描いてもらったそうで、その作品群を天童広重と呼ぶそうです。
ちょうどひな祭りの季節。お雛様の展示も同時に行われていて、華やかでした。

地方の美術館は空いているので、気持ちが落ち着きます。
東京の美術館の人ごみ、人と人とのわずかな間から作品をのぞくストレス・・・
はっきり言って美術館疲れに陥っていました。
空いているのは美術館にとって、地方にとって良いことではないですけど、
訪れる人間にとっては時にはありがたいです。
地方の美術館巡り・・・いいかも。

旅から東京に戻るといつも人の多さに辟易します。
どこから湧いて来たのかと・・・その中には自分もいるのですが^^

e0027681_14154834.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2015-03-14 14:16 | | Comments(0) |
2015年 03月 06日 |
父の容体が落ち着いているので、先週末大人の休日パス旅を楽しんできました。
雪もちらつき寒かったのですが、花粉を避けられたし、ばっちり防寒して快適でした。
行先は、東北地方で唯一足を踏み入れたことがなかった山形県です。
e0027681_1044597.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2015-03-06 10:45 | | Comments(0) |
2015年 02月 13日 |
年を重ねるごとに筋肉が衰えるのだそうです。
考えてみれば当たり前ですね。
筋肉じゃないところもいろいろ衰えますし・・・

そこで、
ジムでプールに加えてマシンを使った筋トレも開始しました。
特に背中を鍛えたいと思います。
私は股関節が悪いので、そこを避けてプログラムを組んでもらいました。

続くかな~~~?
# by hanakannzasi-716 | 2015-02-13 23:09 | 健康 | Comments(0) |
2015年 01月 17日 |
ANAのマイルがついに有効期限を迎え、かといって旅行の予定もないので、あわてて商品と交換しました。
ビジネスクラスで提供されているワインを含んだワイン福袋。赤白取り混ぜ合計6本です。
しばらく楽しめそうです。
e0027681_1538239.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2015-01-17 15:38 | その他 | Comments(0) |
2015年 01月 02日 |
あけましておめでとうございます。

ゆったり、のんびり、お正月をすごしております。

最近つくづく、未来のことはわからないと思うのです。

それはあたりまえのようで、いつもは意識していないこと。

こうしてのんびりしている時間も今だけのことかもしれません。

だから今、この時に感謝!!

でも、やりたいことはたくさんあるので、あれもこれもと想いめぐらせては、

形のない未来に懸命に形を与えようとしています。

それが希望なのですね。

もう一日が過ぎてしまいましたが、今日も大切に過ごします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2014年 11月 01日 |
次女24歳が3歳から13歳まで習っていたヴァイオリン。
おもちゃみたいな16分の1からフルサイズになるまで、毎日真面目に練習していました。
なので、うちにはヴァイオリンがあります。

何か楽器をおけいこしたいな~
と漠然と夢を抱いていました。
何がいいかな?昔むかしに習っていたピアノでもいいけど・・・
そうだ!!ヴァイオリンを弾こう!!

なぜなら、
楽器がある。
初級から上級までの楽譜とCDがそろっている。
先生ではないが、楽器を手にすればバッハのコンチェルトなど演奏可能な娘がいる。
そして何よりも、その娘のレッスンに立会い続けた記憶の集積が私にはある・・・

そんなわけで、この頃少しずつおけいこしています。
全然できなかったことが、少しずつできてくるのがとても嬉しい。
認知症予防の一環として、続けていきたいな、いけるかな?
# by hanakannzasi-716 | 2014-11-01 21:16 | 音楽 | Comments(2) |
2014年 09月 14日 |
例によって旅から3週間が経ちましたが、とり急ぎの記録終了です。
一人旅も良いですが、家族旅行も楽しいものですね~
お金がかかりすぎたので、しばらく旅行は自粛します(笑)

でも、一人で週末プチ旅くらいなら・・・
# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 18:03 | | Comments(2) |
2014年 09月 14日 |
三日目。次女、長男のリクエストもあり、伊勢神宮に寄って帰ることにしました。
今までお天気に恵まれてきたのですが、内宮行きバスに乗ったとたん大雨となりました。
到着後も降りやまず、ずぶぬれ状態で伊勢うどんの店へ。
うどんを食べているうちにみるみる晴れて、服を乾かしがてらの参拝となりました。
もちろんおかげ横丁へも。赤福氷もいただきました。
e0027681_17541281.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:54 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
二日目の夜は太平洋に面した旅館に宿泊。お部屋からのマリンビューが素晴らしすぎて感激しました。朝食のみなので夜は街に出てお寿司をいただきました。値段が書いてなかったのでびびりながらの注文でしたが(笑)
温泉も良かった~~~♪
e0027681_17433191.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:44 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
串本駅に戻り、バスで潮岬へと向かいました。本州最南端です。
タワーに登ると、本州最南端訪問証明書というのをもらえます。
タワーの途中に鏡の部屋があって、のっぽや太っちょに変身できます(笑)
今や使われていない椅子やテーブルなどがあり、廃墟感が漂っていましたが・・・
帰りは電車を使わずバスで直接紀伊勝浦へ戻りました。
e0027681_17235857.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:24 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
串本では行きたい場所がいくつかありましたが、時間もおしていたので二つにしぼりました。
まずは徒歩で無量寺へ。ここには応挙芦雪館があります。芦雪の「虎図」は以前東博で目にしていますが、やはり迫力があります。芦雪は虎を実際に見たわけではなく、猫のイメージを虎へと膨らませています。非常にのびのびと描かれています。
余談ですが、無量寺の来館者ノートに「入館料1300円は高い。無料寺にしてほしい」と書かれていて笑いました。
e0027681_17161014.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:16 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
太地くじら浜公園で下船し、鯨の博物館を見学したあと、クジラ料理店へ。
クジラベーコン、クジラカツなどをいただきました。
私の子どものころは今よりポピュラーな食べ物でした。お酒のおつまみにもクジラベーコンを時々注文していましたっけ・・・とても久しぶりです。
e0027681_1755454.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 17:06 | | Comments(0) |
2014年 09月 14日 |
翌日、ホテルのフロントに「太地へ行くには電車かバスどちらが便利ですか?」と質問したところ、「船が出てますよ」と遊覧船をすすめられました。
紀の松島と呼ばれる太平洋に浮かぶ奇岩を眺めながら太地へと向かうコースに乗船。
お天気も上々、波は穏やかで最高のクルーズとなりました。
e0027681_16485523.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2014-09-14 16:49 | | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon