響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
|
2014年 04月 27日 |
e0027681_1042225.jpg
最終日はセントーサ島へ。残念ながら雨でした。ここは赤道に近いんだよなぁ・・・
e0027681_10444398.jpg
なぜかチャイナタウンにあるヒンズー教のスリ・マリアマン寺院。
e0027681_10444222.jpg
マリーナ・ベイ・サンズの展望台よりホテルのプールをのぞむ。
e0027681_1046228.jpg
紅茶のお店で日本の南部鉄器発見!
e0027681_10472082.jpg
どうでもいいんですが、ヒルトンホテルでは日本型のコンセントが使えました。これは便利!便利すぎです。

とにかくシンガポールは物価が高く、非常に都会でした。とりたてて大きな見ものもなかったのですが、快適にアジア旅行しようと思えば最適な場所かもしれませんね。。。
国民のほとんどが団地に住んでいるそうです。なにしろ狭い国土ですから、国のトップから国民一人ひとりまで、必死に頭を使って暮らしている国なのではないかと思えます。
そう、罰則が厳しい国としても有名ですよね。電車のなかではお水も飲んではいけないそうです。そのわりにみんなのびのびしている感じもしたけど、どうなんだろう。
by hanakannzasi-716 | 2014-04-27 10:58 | | Comments(0) |
2014年 04月 24日 |
e0027681_10111651.jpg
なかなか船が来なくてイライラさせられたり、もしや詐欺か?とハラハラしたり、一筋縄ではいかなかったリバークルーズでありました。ま、結果的には良かったんですが(笑)
シンガポールの夜景は、それはもうド派手でございました。ただただ、あっけにとられて眺めていました・・・
by hanakannzasi-716 | 2014-04-24 10:14 | | Comments(0) |
2014年 04月 22日 |
e0027681_10295995.jpg
チキンライス。ガイドブックに載っているお店に行ったら意外に高かったです。ご飯はチキンのゆで汁で炊いているそうです。お肉は柔らかく美味。
e0027681_10332691.jpg
観覧車の下にあるフードコートで食べた屋台メシ。目玉焼きがのっているのが特徴らしい。
e0027681_10353119.jpg
シンガポールではインド料理もポピュラーです。
e0027681_10361148.jpg
マンゴーアイス。日本のカキ氷と違って不思議なサクサク感があります。
by hanakannzasi-716 | 2014-04-22 10:37 | | Comments(0) |
2014年 04月 13日 |
e0027681_10233366.jpg

e0027681_10235174.jpg

プラナカンとは混血の人々を指す言葉。
マレー半島にやってきた様々な国の商人たちがこの地の女性と混血し、独特の文化を生み出しました。
プラナカンの女性は家事が得意で、料理や陶器作り、ビーズ刺繍などにその才能を発揮したそうです。このプラナカン菓子もその一つ。
ういろうと似ていてぷにゅぷにゅした食感、とても好きな味でした。
わざわざタクシーに乗って、プラナカンの人々が住んだというカトン地区まで足をのばしてみました。シティホール駅近くにある「プラナカン博物館」も見ごたえがあります。
by hanakannzasi-716 | 2014-04-13 10:33 | | Comments(0) |
2014年 04月 13日 |
e0027681_9435962.jpg

e0027681_9442275.jpg

チャイナタウンはにぎやかで熱気にあふれています。
食べ物、食べ物、食べ物、商売、商売、商売、、、
という感じです^^
このエネルギーが国を支えてきたのかなぁ・・・

シンガポールにはあまりにも多種多様な人々がいて、
私自身も日本人というより地球人という意識がわいてくるような、ふしぎな感覚でした。
マレー半島の先に位置するシンガポールは、交易のために世界から多くの人々が集まってきて、
その人たちが混血し、アジアの中でも独特の雰囲気を作っているようです。
by hanakannzasi-716 | 2014-04-13 10:02 | | Comments(0) |
2014年 04月 05日 |
e0027681_1759850.jpg

ものすごくマイペースすぎる投稿で、記憶がどんどん薄れていきそう^^
これはリトルインディアだったかしら?
あちこちにこんなお店がありました。シンガポールドル約80円なので800円で3つです。
リトルインディアでは、お目当ての寺院が補修のため見られず、しかもスコールに逢ってさんざんでした。
が、それも旅、あれも旅(笑)
インドの人々は金が好きなのか、金のアクセサリー専門店がいくつもありました。確かに似合いますよね!
バナナリーフアポロというお店でインド料理を少しいただきました。テーブルのiPadで注文するシステム。居酒屋チェーンでよくあるやつですね^^
お店の名前のとおり、バナナの葉に食べ物をのせてくれます。
by hanakannzasi-716 | 2014-04-05 18:13 | | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon