響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2012年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 05月 10日 |
5月6日
上野で「ボストン美術館」展を。
日本にあれば国宝・重文級の日本美術が里帰り。
もっとも注目されている曽我蕭白も良かったのですが、
個人的に一番楽しかったのは「吉備大臣入唐絵巻」
遣唐使として唐に入った吉備大臣ですが、
その超能力を恐れてか、すぐに幽閉されてしまいます。
「どんだけ歓迎されてないんだよ!」
と後ろから箸が転んでもといったクスクス笑い声。
若い女性二人組が絵巻をみながら大受けなのです(笑)
鬼が来て襲われそうになりますが、
その鬼は唐で客死した阿倍仲麻呂。二人はたちまち仲良しに(笑)
鬼に襲われていないことに驚いた唐の役人たちは次々に難題をしかけます。
難解な「文選」を読めと言われ困った吉備大臣。
鬼と共に空を飛び、空中から「文選」の内容を盗み聞きします。
さらに、囲碁の勝負を挑まれ困った吉備大臣。
碁石を飲んで乗り切ろうとしますが、下剤を飲まされます。
ところが超能力でそれを腹に収め、事なきを得るのです。
「汚~い!探してるよ碁石」
「腹に収めるってどんな超能力だよ、凄すぎ!!」
とここでも後ろから絶え間ない笑い声が・・・
確かにこんなに面白い絵巻は初めてでした(笑)
by hanakannzasi-716 | 2012-05-10 12:25 | アート | Comments(4) |
2012年 05月 06日 |
5月4日
三菱一号館美術館で「KATAGAMI」展を観る。
19世紀末ヨーロッパの文化に影響を与えたのは浮世絵だけだと思っていたが、
実は「KATAGAMI」の存在が大きかったということがわかり、非常に新鮮だった。
「KATAGAMI」は小紋などの柄のもととなるデザインのパターン。
驚くほどの細かい作業と技術が要求される。
ヨーロッパではそのエッセンスが生活のデザインに活かされ、
今に至るまで影響は続いているのだ。
オリジナルではなく日本発なのだ。
すごいよね!!

三菱の後、国際フォーラムで行われているラ・フォル・ジュルネ音楽祭へ。
今年はチケットを買っていない。
屋台でココナッツカレーとハイネケンを買って、キオスクコンサートを楽しむ。
クラシックではなく、「渋さシラズ」というビックバンドの演奏だった。
白塗りダンサーの踊り付きかなり騒がしい演奏だったけどそれなりに乗れた。
by hanakannzasi-716 | 2012-05-06 23:01 | アート | Comments(0) |
2012年 05月 02日 |
群馬の帰り、埼玉に寄りました。
北浦和の埼玉県立近代美術館へ。
私、この美術館のファンです^^
レストランでランチを頼むと玉ねぎパンがつくんですけど、
ふわっと柔らかくて美味しいの!
それから、いろいろなデザインの椅子があって実際に座れる。
ちなみに建築は黒川紀章です。

草間彌生の新作がだーっと並んでいました。
もう圧倒されます。
老いてなお・・・
生きることにこれほど貪欲な人はそういないと思います。
生きると言っても普通に生きるのとはわけが違います。
彼女の人生は闘いそのものなのですから・・・

そして、
正方形の作品群を見ているうちに、
これがスカーフになっていたら欲しいなー
っと思ったのでした。

e0027681_2264676.jpg

by hanakannzasi-716 | 2012-05-02 22:06 | アート | Comments(4) |
2012年 05月 01日 |
以前から行ってみたかった美術館です。
日帰りでも行けるのですが、この美術館の近くには有名な温泉があるのです^^
せっかく行くなら温泉とセットだよなぁ・・・
と機会をうかがっておりました。

新幹線で高崎下車。
上越線に乗り換えて渋川まで。
そこからはバスです。結構飛ばします^^
グリーン牧場下車。
牧場も楽しそうですがそこはパスして原ミュージアムへ。

思っていたよりもこじんまりした美術館でして、
14時半~のガイドツアーまで時間をつぶすのが大変でした(笑)
でものんびりできて良かったなぁ~

現代アートと古美術のコラボレーション
草間彌生や加藤泉を挟んで雪村や狩野派がいたりします。
屋外展示も充実しています。
入口で出迎えてくれるオトニエルのハート型のオブジェや、
オラファー・エリアソンのプリズムで虹を出現させるアート
アンディ・ウォホールの大きなキャンベルスープ缶も楽しい!

ガイドツアーでは開架式の収蔵庫も見せてもらって大満足でした。
そして再びバスに乗り伊香保温泉へ。
黄金色のとろっとしたまろやかなお湯を楽しみました。

e0027681_2217952.jpg

by hanakannzasi-716 | 2012-05-01 22:17 | アート | Comments(2) |
2012年 05月 01日 |
昼間は美術館
夜は温泉という
天国のような体験をしてきました^^
一日目も、そして2日目も。

こんなに楽しんでいいのだろうか?
自分に甘いのではなかろうか?
このような幸せを享受する資格が私にあるのだろうか・・・?
と、ついつい素直に楽しめない自分もいました。
by hanakannzasi-716 | 2012-05-01 00:51 | | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon