響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
|
|
2012年 03月 24日 |
ソウルには美術館やギャラリーがたくさんあるのだけど、
今回はそれらには全然行けなかったのが心残り・・・
でも仕方ないね。
家族連れで春休み旅行ができただけ幸せ!!
いつか1人で行ってみたいな!

それから垢すりもしてみたかった。
ソウルタワーにも行ってない。
川のほうにも全然行けなかった。

日本語ができる人が多くて正直驚いた。
植民地時代に育った人というわけではなく、
若い人が普通に日本語堪能だった。
それだけ観光客が多く需要があるのだろう。

やっぱり旅行はいいな
発見の連続。エキサイティングだ。

e0027681_136664.jpg

by hanakannzasi-716 | 2012-03-24 01:38 | | Comments(0) |
2012年 03月 24日 |
3月14日
20時20分羽田発22時40分金浦空港着
旅行会社係員の送迎でホテルへ

3月15日
徒歩で景福宮へ。国立民俗博物館見学
徒歩で仁寺洞キルへ。昼食
明洞の銀行で両替
乙支路入口駅から地下鉄2号線に乗る
東大門歴史文化公園で4号線に乗りかえ恵化駅下車
なぜか17才息子がリクエストした大学路を歩く
2号線に乗り明洞へ
21才娘の買い物に付き合い疲れる
「カフェコイン」で一服
チーズケーキが美味しい!
ここで私だけ足裏マッサージの店へ
息子と娘は買い物継続
娘はおみやげコスメとワンピース3着購入
息子はなぜかリュックを買う
夕食はやはり焼き肉でしょうという意見がまとまりガイドブックのっていた店に入る。
徒歩でホテルへ戻る
よく歩いた・・・

3月16日
早朝タクシーに乗り明洞のおかゆの店に行く
あわびのおかゆとチヂミを食べる
日本人客ばっかり^^
ロッテホテルツアーロビーへ
HISの「世界遺産ツァー」に参加
バスに乗り近郊の水原(スウォン)へ
水原華城を見学
バスでソウルに戻り昼食
そして昌徳宮へ
ガイドの説明を聞きながらじっくり見学
解散後、南大門市場を一通りめぐったあと、ロッテ百貨店地下でお土産を買う
ホテルに戻っていったん休憩・・・
夕方再び外出
地下鉄で東大門へ。東大門市場を見学
屋台でトッポギや餃子を食べる
地下鉄で明洞へ。余っているウォンを使って最後の買い物
夕食は参鶏湯(サムゲタン)
タクシーでホテルへ

3月17日
早朝5時20分に旅行会社の車にピックアップされ
あちこちのホテルを回って、お土産屋さん経由で金浦空港へ
10時半には羽田に着く
まっすぐ帰り、地元でピザを食べる

e0027681_1222239.jpg

by hanakannzasi-716 | 2012-03-24 01:22 | | Comments(2) |
2012年 03月 23日 |
韓国は近代化し、都市化し、繁栄している。
でも、人々の心の奥底では北のことをいつも考えているのだと思う。
世界遺産ツアーの現地ガイドさんは
「北朝鮮はこれから変わる。きっと数年後には南北統一します」
と希望をこめて語っていた。
本当にそうなるのだろうか?
そうなったら国土は倍になり、人口も増え、
朝鮮半島はさらに発展していくのかもしれない。

例えば日本の茨城県から北がもしも別の国だったとしたら・・・
同じ民族で同じ言葉を話すのに、まるで違う生活をしているのだとしたら・・・
そんな非現実的な想像が、ここでは現実なのだとあらためて思わされた。
e0027681_033248.jpg

by hanakannzasi-716 | 2012-03-23 00:33 | | Comments(0) |
2012年 03月 21日 |
韓国式サウナと垢すり、できれば体験したかったのですが、男の子連れなので機会がありませんでした。ちょっと残念^^
そのかわり足もみしてもらいました。45分で18000ウォン。
1万ウォンが700円ですから格安です!!
しかも肩や頭までしてもらって極楽~~!疲れも吹っ飛びました^^
ところで何故韓国では垢すりなのか、不思議に思っていましたが、
韓国では昔からお風呂につかる習慣がほとんど無いそうですね・・・
垢がたまるので時々垢すりしたんですね~
日本ではあり得ないし、肌が荒れるんじゃないかと私など思ってしまいます。
でも逆に入浴習慣のない国の人から見れば、
熱いお湯につかる日本人の習慣のほうが不思議にうつるのかもしれませんね。

ところで17才息子は帰国してすぐに「銭湯行きたい」と言いました。
私も地元温泉に行ってホッとしたのは言うまでもありません。
e0027681_21552548.jpg

by hanakannzasi-716 | 2012-03-21 21:56 | | Comments(2) |
2012年 03月 21日 |
ソウルの地下鉄は、音楽を鳴らしながら物売りがパフォーマンスをはじめたり、停車時の音楽も賑やかだったり、日本の地下鉄がお通夜のように思えるほどだ。
そのプラットホームで日本人観光客が何やら指さして笑っているので、何かと見ると美容整形のポスターだった。
施術前、施術後の写真が凄過ぎる!まるで別人なのだ。目が巨大になり過ぎで笑ってしまう。
韓国では、美容整形は当たり前に行われ、親が子に勧めることも多いと聞く。
街ゆく美人の中には、鼻筋が異様に通っている人をたくさん見かけた。
だいたい、子供は普通に東洋人の平たい顔なのに年頃になったら皆美人過ぎるのが不自然な印象だ(笑)。
見た目重視の世の中なのか?美容整形のリスクをあまり深刻にとらえないのか?
世界遺産ツアーのガイドさんも、息子さんの背をのばすためなら薬を飲ませるのも厭わないという話をしていた。
身長180センチの我が息子を見て、「大きいですね、大学生ですか?えっ、高校生?まあ!!何食べましたか?」とうらやましがることしきり。
身長をのばす薬となるとホルモン剤だと思うが、日本なら明らかに低身長である場合にしか投与されないと思う。つくづく国民性の違いを思い知らされたのだった。
e0027681_724317.jpg

by hanakannzasi-716 | 2012-03-21 07:03 | | Comments(0) |
2012年 03月 19日 |
今回の旅では若者たちと一緒だったこともあり、よく食べました(笑)
帰国後、覚悟して乗った体重計。
あら!意外に増えていなくてホッ・・・
よく歩いたし、精神的にも緊張していたせいもあるかな?
それに唐辛子のカプサイシンで代謝アップしたのかも。
e0027681_151823.jpg

e0027681_152519.jpg

e0027681_1523755.jpg

e0027681_1525941.jpg

e0027681_1532849.jpg

by hanakannzasi-716 | 2012-03-19 01:54 | | Comments(2) |
2012年 03月 17日 |
初めてのソウル
印象は、パラレルワールド
日本とほとんど同じと感じる面もあるんだけど
少しずつずれている。
次元の違う世界に来たような感覚

まず人間が違う
熱くて真っ直ぐ、傷つくことを恐れていない
草食人間なんて存在しない
とにかく商売人の押しの強さには辟易した
「何探してますか?」
「探しているのは海苔ではないですか?」
「何買いますか?いくつ買いますか?」
私が
「ちょっと見てるだけです」と言うと
「見るだけですか?買わないんですか?」と
問い詰めてくる(笑)

地下鉄で迷っていると
「どこ行きますか?」
と声かけしてくれる。
「大丈夫です」とひきこもる私に
「ここから乗れば大丈夫、これあげます」
と地下鉄の路線図をくれる。
見知らぬ人に声かけられると
すべて詐欺と思う私が恥ずかしく思うほど
心から親切で熱いのだ。

タクシーの運ちゃん
最初からメーターが動かないのとかアヤシイのもいたけど
「ロッテ―ロッテ―ロッテー」
と意味なく歌う能天気な人もいたり
その割にはロッテ百貨店の対面に降ろしてくれて
ハングル読めない私たちは地下道で路頭に迷ったりしたけど^^

娘はソウルのファッションに夢中だった
日本のフワフワガーリー服とは一線を画した
かちっとしたワンピースやミニスカート
日本の80年代を思わせるイケイケ感覚なのだった
娘はそれが合うみたい^^
こんなの日本じゃ売ってない!
と私のカードでどんどん購入
もちろんツケだから(笑)
後で円に換算してしっかり請求書作成するから
しっかりバイトしてよね!!
e0027681_22394436.jpg

by hanakannzasi-716 | 2012-03-17 22:41 | | Comments(0) |
2012年 03月 04日 |
家族の誰も雛人形に言及せず、
そう言えばひな祭りだったねですませた3月3日。
私は六本木で遊びまくりでした。

午前中はギャラリーめぐり六本木エリアに参加。
バッチリ趣味が合う老若男女(平均年齢50歳くらいかな?)のイベントです。
渋谷西武、ブンカムラを経てバスで六本木へ移動。
ほとんど気づかないような場所にあるギャラリーを巡りました。
楽しかった~~

午後は友人とミッドタウンで待ち合わせデート。
サントリー美術館で中国・韓国の壺を見たり、
ミッドタウン内のウィンドウショッピングしたり・・・
最後にチョコケーキのお店でお茶。
楽しかった~~~

夜は銭湯でまったり。
今日はイヤなこと忘れて思い切り遊んだ日。
by hanakannzasi-716 | 2012-03-04 00:49 | アート | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon