響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
|
|
2011年 11月 30日 |
土曜日は東京オペラシティアートギャラリーへ。
「感じる服考える服東京ファッションの現在形」
ファッションのことはよくわからないけれど、
ファッションイコールボディアートとも言える。
そういう目で見ればまさに先鋭的なアートが展開されていて刺激的だった。
各デザイナーのスペースを分ける仕切りが面白い。
背の低い梁が行く手を阻み、次の場所へ行くためにはいちいちかがまなければならない。
トンネルをくぐって次の景色を目にする新鮮な気持ちが演出されているのかもしれない。
アートギャラリー所蔵展は若手の作品中心で、みずみずしさに溢れとても良かった。
好きな作品がいくつかあった。

日曜日は損保ジャパン美術館へ。
「アルプスの画家セガンティーニ」
震災のため半年近く延期され、やっと見ることができた。
セガンティーニは、国立西洋美術館で「羊の剪定」を見てからちょっと気になっていた画家。
19世紀半ばすぎに生まれ20世紀手前で亡くなっている。
この画家はイタリアに生まれたが、アルプスの山々に魅せられ、
スイスに移り、住処の高度をどんどん上げていった。
そしてついに山の上で体調を崩し若死にしてしまうのである。
分割主義という描き方を会得し、くっきりと明るい画面を表現した。
働く人をモデルにしているのは少しミレーに似ている。
晩年には死の予感があったのか、生と死を象徴したテーマの絵を描いている。
アルプスの澄み切った空気が伝わってくるような展覧会だった。
by hanakannzasi-716 | 2011-11-30 13:16 | アート | Comments(0) |
2011年 11月 24日 |
開館一周年を迎えたホキ美術館。
以前から気になっていたのですが、やっと行くことができました。
なにしろウチから3時間かかるので(笑)
中央線、京葉線、外房線と乗り換えて、バスにも乗って・・・
行きと帰りで6時間、美術館滞在時間は3時間!!
相当の物好きだと思われても仕方ないですね。

土気駅南口からブランニューモール行きバスに乗ると、
東急不動産により開発されたあすみが丘という住宅街が広がります。
住宅街の中に美術館はあるので、決して自然の眺めなどは期待できません。
ですが、すべて回廊でできている細長い建築はなかなか良いと思います。
人の流れが単純でとても見やすいです。

ちょっと不謹慎ですが、鑑賞する人々を観察するのも面白い(笑)
「すげぇ!本物みたい!!」
「すごーい、すごーい!!」
とにかくすごい連発の人を多く見かけました。
娘さんと見て回っていた年配の婦人などは絵の前に立つたびに、
「これ、写真でしょ? え?絵なの?本当?!」
だから、写実絵画専門の美術館だってば^^

今回は「存在の美」と題して、人物画中心の展示となっています。
あまりにもリアルすぎて笑っちゃう。
《50歳の画家》格闘家スタイルの画家がペンを握ってポーズをとっています。
タイトルは忘れましたが、その隣に学校の先生?を描いた絵がありました。
黒板の掲示や貼ってあるプリントがあまりにも真に迫りすぎ、
深刻そうな顔をして突っ立っている中年の男性の表情を際立たせます。
《保木館長》はホキ美術館館長の肖像画。
貫禄ある体型と余裕のある少し笑った顔がなかなか魅力的です。
美しい女性モデルを使った絵が多いなか、
男性を描いた絵になぜかひきつけられました。

地下2階にある常設展示では、
モニュメントのように見えるスピーカーがついていて、
スイッチを押すと解説が聞けるようになっていました。
それぞれの画家の代表作を並べてあるということで、見ごたえがありました。
照明も素晴らしいです。
丸い椅子も座り心地最高で一つ持って帰りたくなりました。

写実画というのはそっくりだからすごい、というよりも、
描かれた人や風景の後ろ側にある何かを想像する楽しみが得られるものなのだと
あらためて感じさせられました。
by hanakannzasi-716 | 2011-11-24 13:30 | アート | Comments(0) |
2011年 11月 22日 |
一か月ちかくアートカテゴリの記事を書いていなかった。
ええと、横浜トリエンナーレのあとは、
サントリー美術館で「南蛮美術の光と影」
ギャラリーめぐりイベント参加(東京~築地エリア)
そして先日の土曜日は東博で「法然と親鸞ゆかりの名宝」
東美アートフォーラムで「プリュス・ジ・アートフェア2011」
日曜日は娘と両国で待ち合わせて江戸東京博物館で「ヴェネツィア展」

「法然と親鸞~」はやはり混んでいて落ち着いて見る雰囲気ではなかった。
五木寛之の「親鸞」を読んでいる人とか多いんだろうな。
それにしても、念仏を唱えれば極楽浄土に行けるなんて、
どうして信じることができるだろうか?
苦しみの底からもがき出ることを欲した人々にとって、
すがることのできる一本のわらだったのだろう・・・

上野を出て新橋のアートフェアに行く途中激しい風雨にあった。
びしょ濡れになり、入ってもいいのだろうか?と気が引けた。
さらに、買う気などさらさらないのに見るだけでごめんなさいという引け目もあり、
小さくなって見て歩いた。
ちょっと気になった作品はあったが、お金があれば買うか?と問われれば
そこまでではないという気がした。

そして、楽しみにしていたヴェネツィア展。
娘と「ここ行ったね、ここでジェラート食べたね」
と言いながら見歩いた。
たった一日行っただけでおおいばり優越感丸出し親子(笑)
街の中に水があるのではなく、水の中に街があるというのがふさわしいヴェネツィア。
ここに人の生活があり文化が根付いていったことに不思議さを感じる。
by hanakannzasi-716 | 2011-11-22 14:14 | アート | Comments(0) |
2011年 11月 10日 |
12月はじめに一泊旅行を企画しています。
どこへ行こうか・・・
考えるのがとにかく楽しいの。

ハラミュージアムと伊香保温泉はどうかな、
と思いましたが、日帰り圏内だからなぁ・・・

そうだ、あそこはどうかな?
きっと歓迎してくれると思うな、
ホテルも安いかもしれない。ギリギリでも予約できそう。
後は私の気持ち次第・・・

うん。行こう。きっと、行こう。
by hanakannzasi-716 | 2011-11-10 22:30 | | Comments(0) |
2011年 11月 03日 |
e0027681_23492827.jpg


日本庭園の盆栽コーナーにて
ここはガキがいないから落ち着くの^^

子どもたちが小さいときは、年間30回くらい行ってた。
子どもたちの喜びが私の喜びだった。

末の息子が小学5年くらいになって、
レンタサイクルで公園を走り回ったとき、
「ちょっと走ったらマンションが見える。人口の自然だな」
って息子が言った。
それを最後にこの公園には行かなくなった。

久しぶりの昭和記念公園
中学時代の友だちと訪れた。
秋をたくさん見つけて、いい気持ちになった。
コスモスはもう終わりだけど、紅葉が始まっていたよ。
by hanakannzasi-716 | 2011-11-03 23:58 | | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon