響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
|
|
2011年 01月 30日 |
e0027681_0512428.jpg

e0027681_0515472.jpg

ねぶたの家ワ・ラッセ
迫力ありますね~~  建物も素敵です
e0027681_053521.jpg

八甲田丸  懐かしい青函連絡船です
恥ずかしながら、青森ってこんなに海が近いって知らなかった・・・
e0027681_0554356.jpg

e0027681_0564143.jpg

青森ベイブリッジとAファクトリー
AファクトリーはJRの施設で青森の物産を扱っています
e0027681_0585226.jpg

味噌カレー牛乳せんべい
これなかなか美味しかった! 複雑な味^^
e0027681_1033.jpg

ここ、駐輪場なんですけど・・・役目果たしてません
e0027681_114758.jpg

これじゃ電車止まるよね
by hanakannzasi-716 | 2011-01-30 01:03 | | Comments(2) |
2011年 01月 28日 |
青森県立美術館で悔しかったこと二つ
まずは
帰りのバスの時間を急ぐあまり、りんごキャラメル引換券を使うのを忘れたこと!
そして
雪のために奈良美智コミッションワーク「八角堂」が閉鎖されていたこと!
でも
今回は雪の帽子をかぶった青森犬を見られたからいいとしましょう^^
私は初めて見るのでただ感動していましたが
隣で見ていた若者たちが大笑いしていたのでつられて笑ってしまいました
「ねえこれ、全然違ったものになってない?」
「原型とどめてないよね!」
「耳にも積ってるし・・・雪おろししないのかな」
ははは!
芸術作品というものは状況により違ったものになるのだよ、若者よ
だって、どんなに丁寧に修復に修復を重ねても
時の流れに逆らうことはできず経年劣化を100%防ぐことはできない
人間のお肌もそうでしょ?(いきなりレベル日常)
どんなに頑張って美容液塗ってもたかがしれているのだ
だから
芸術作品はけっして永遠じゃないし、いつも同じじゃない
季節の変化にだって影響を受けて当然だ
そういう意味では日本の仏像は
時の流れにあまり逆らわず自然な感じだよね
それがわび・さびというものなのか・・・

話し飛躍してすみません^^
奈良美智、棟方志功からナンシー関まで
青森が生んだ偉大な芸術家の作品に触れることができ
充実した時間でした
それにしても
アレコホールのスケールには圧倒されました
なんて大きな空間!天井の高さには度肝を抜かれました
そこにはシャガールによる巨大なバレエの背景画が飾られていました

きっとまた来るよ
今度は緑の季節に!!
by hanakannzasi-716 | 2011-01-28 21:39 | アート | Comments(0) |
2011年 01月 27日 |
七戸十和田は空も青く寒さもほどほどでしたが
新幹線で一駅、新青森に近づくと
全然違う世界が展開されていました
暗い空、しんしんと降る雪・・・
駅付近をぶらぶらしてからホテルへと考えていましたが
冷たい雪にそれどころではなく、即チェックイン!

翌日、青森駅へ行くと何だか尋常ではない雰囲気です
どうやら大雪のため在来線(奥羽本線)が止まっているらしい・・・
新青森までたったの一駅なのに
青森駅で動けず新幹線にも乗れず困っている人がたくさんいました
新横浜と同じで、青森駅から直接新幹線には乗れないので不便と言えば不便
せめて新青森間のシャトルバスがあれば・・・

さて、私はバスに乗っていよいよ今回の目的地へ!!
バスに乗りながらも雪の凄さに唖然としていました
だってバス停が埋もれているんですよ!
屋根の雪おろしをするお年寄りの姿も見えて危ないなぁ、と思いました
県立青森美術館
三内丸山遺跡に着想を得た建築を楽しみにしていたのに建築もなにも・・・
すべて雪の中に埋もれていました(笑)
そして、青森犬も
e0027681_21463266.jpg

by hanakannzasi-716 | 2011-01-27 21:48 | アート | Comments(2) |
2011年 01月 25日 |
草間彌生の女の子と犬、キノコとかぼちゃ
どの方向から見ても絵になる 物語が紡ぎだされる
何度もシャッターを切りながら胸がいっぱいになりました
そして美術館の入り口にはチェ・ジョンファの「フラワー・ホース」が
e0027681_21575948.jpg

十和田市に縁が深い馬のモニュメント
眩しいほどに華やかで喜ばしい限りです
カフェの外観はモノクロームなのにこんなに晴れやか!
e0027681_2233118.jpg

楽しみにしていたロン・ミュエクの「スタンディング・ウーマン」
肌に浮き出たシミや血管まで超リアルに再現されたビッグなおばあさんです
やはり圧倒されましたね~~
アナ・ラウラ・アラエズの「光の橋」
六角形のトンネルを歩いて向こう側へ渡ると
オノヨーコの作品が六角形の中にすっぽり入って見えるのですが
それは木にたくさんの短冊が吊り下げられてユラユラしている「念願の木」
まるで六角形の橋が
あの世とこの世をつなぐ橋のように感じられてゾクゾクしました
美術館の方は
「この美術館と官庁街通りをつなぐ橋という意味なんですよ」
とおっしゃっていましたが・・・
ところでオノヨーコの作品は三つあるはずなのですが
そのうち「三途の川」という作品が見当たらないので聞いてみました
「それは地面の敷石なんですが、今雪に埋もれてしまっています」
「なるほどそうでしたか・・・」
「この山極さんというアーチストの作品もあのへんにあるんですが、今は埋もれています」
「はぁ・・・」
「アーチストの方に雪を取り除いたほうがいいですか?と一応聞いてみたんですが、自然のままに、とおっしゃったので・・・」
「なるほど、なるほど・・・」
そんなわけで結構見られない作品もありました(笑)
他にも気に入った作品はたくさんあって書ききれません。
私は本当に現代アート、現代美術が好きなのだと確信しました
でも何故なんでしょう?
印象派の作品などもみますが、今ひとつ食指が動かないのです
私の心に食い込んでくるのは主に1950年以降の作品です
特に同時代の作品が一番面白く感じられます
新幹線に乗って、バスに乗って、
本当に来てよかった!
私はハッピーです!!
e0027681_22261432.jpg

by hanakannzasi-716 | 2011-01-25 22:29 | アート | Comments(0) |
2011年 01月 25日 |
朝7時半東京駅からはやてに乗車しました
車内は「大人」の人々で満席、熱気ムンムン!
1か月前にやっと取れた指定は真ん中のB席で
両隣は男の子でした^^
窓側の男子の膝に私の荷物が当たってしまい
「あ、ごめんなさい・・・」
「いえいえ」
「混んでいますね、大人の休日倶楽部会員パスですか?」
「そうです。どちらまで?」
「私は七戸十和田で降ります」
「あっ僕もそうです。もしかして美術館へ行かれるのでは?」
「十和田市現代美術館? はいそうです」
「現代美術お好きなんですか?」
・・・・・・妄想の会話はこのくらいにしておきます(笑)

出来立てほやほや七戸十和田駅の周りはまだ何にもありません
「イオン建設予定地」の札が立っていましたから
これから変わっていくのでしょうね
さて、バスに揺られて30分
私を迎えてくれたのは・・・?
e0027681_032195.jpg

e0027681_0321958.jpg

e0027681_0323647.jpg

by hanakannzasi-716 | 2011-01-25 00:33 | | Comments(6) |
2011年 01月 24日 |
e0027681_13214341.jpg

e0027681_1323512.jpg

雪の世界から帰ってきました
by hanakannzasi-716 | 2011-01-24 13:23 | | Comments(4) |
2011年 01月 21日 |
東京の最高気温  10℃
まだ雪はない・・・

青森の最高気温  -1℃
毎日降りしきる雪・・・

わかっていたこととはいえ
わざわざ風邪をひきに行くような気がしてきた
ヒートテックと貼り付けカイロを買いこんだけど
そんなんで大丈夫なのか?

ぶるぶるっ!!

明日出かけます^^
by hanakannzasi-716 | 2011-01-21 08:03 | | Comments(2) |
2011年 01月 16日 |
東京オペラシティアートギャラリーにて初日
どうやら本人らしき人がいてオーラを放っていた^^

展示室の中にはジャングルができていて
その中に大理石で作られた彫刻が点在している
マンハッタンの街を俯瞰で表した「リトル・マンハッタン」
観覧車、6階建のジャングル、木の中の光・・・
大理石の質感は柔らかく真っ白で砂糖菓子のようだ
クリスタルで作られた作品もあった
これらの作品は最近のものらしい

彫刻の左側にビデオ作品が二つ
ハッピーバースデーを祝ってもらい
おそらく彫刻でできた?ケーキの火を吹き消す本人を
延々といろいろのパターンで撮り続けた作品と
知り合いに夜行バスで旅行してもらい
車外の様子をビデオに撮るよう指令を出し
そのビデオを延々と流しているだけの作品
要するに
アートの中に人との関係を織り込んでいるのだ
曽根裕というアーチストはすごく人間好きなのではないかと感じた
大理石の作品にしても職人との共同制作らしい

オペラシティは同時開催の収蔵品展と若手アーチストのミニギャラリーも楽しい
吉田夏奈というアーチストの作品を見ていたら
いきなり本人に声をかけられてどぎまぎした^^
感想を言わなきゃと焦ってろくな事をしゃべれず自己嫌悪^^
山を描いた作品なのだけど
実際に危険なところに行ってその印象を描くらしい
「初めて出会うような場所って、きれいとか美しいとか感じないんですよ
まず怖いと思う。そんな体験が自分の感覚の領域を広げると思うんです」
30代半ばくらいの女性だった
by hanakannzasi-716 | 2011-01-16 00:55 | アート | Comments(2) |
2011年 01月 08日 |
毎年恒例、東博の「博物館に初もうで」に行ってきました~~♪
本館リニューアル記念ということで国宝特別公開オンパレード!
雪舟の秋冬山水図、永徳の檜図屏風、尾形光琳風神雷神図屏風
そして北斎冨嶽三十六景から22枚・・・
うさぎ年にちなんだ美術品もなかなか可愛らしかったですよ!
ところで、今まで「常設展」と呼ばれてきた収蔵展ですが
なぜか「総合文化展」と名前をあらためたそうです
何だか文化祭みたいなネーミングですね^^
e0027681_22131257.jpg

e0027681_22142787.jpg


ところで今回は一人じゃなかったんですよ~~
ある美術愛好サークルのイベントに参加
東博についてのお話を聞いて、その後展示を自由行動で見た後
法隆寺宝物館の中のレストランで皆さんとお茶タイム
とっても楽しかったです
東博の広報担当の方のお話も聞けたし、
プロのアートライターの方ともお話できました
やはり同じ趣味の方とご一緒するのは面白いし刺激にもなり
なぜかリラックスできるんですね!
今年はこれからもこんな機会を増やしていくつもりです
e0027681_22261448.jpg

e0027681_2228571.jpg

↑は表慶館のドーム天井です。初めてみました
by hanakannzasi-716 | 2011-01-08 22:31 | アート | Comments(7) |
2011年 01月 04日 |
1月3日は東京都現代美術館へ
企画展を見にいったのですが
たまたま書き初めのイベントがありました
アーチストと2人のダンサーが繰り広げる書き初めパフォーマンス
なかなか素敵な出来上がりでしたよ!
e0027681_2235665.jpg

e0027681_2242017.jpg

by hanakannzasi-716 | 2011-01-04 22:05 | アート | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon