響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 06月 20日 |
布団に入るなりコロっと入眠できるのが自慢だったのに、
この頃時々寝付けないことがある。
そんな先日布団の中で仙川に住んでいた頃を思い出していた。
一生懸命思い出そうとするのだが、
そこで暮らしていたことが実感として蘇ってこないのがもどかしい。
思い立ったが吉日。京王線に乗って仙川駅で降りてみた。
ここには20代の後半、長女が生まれる寸前まで2年半ほど住んでいた。
駅から近いかわりに陽当たりが悪かったが、
まだ子どもがいなかったし、忙しく仕事していたので気にしなかった。
間取りはよく覚えている。
お風呂は色とりどりの石が敷いてあって綺麗だった。
なぜかプロパンガスだったな・・・
トイレは和式。
隣に時々遊びに来ている可愛い女の子の声が、
壁越しに良く聞こえることがあって、
それがあまりにも開放的で人生を心から楽しんでいるように聞こえて、
しばし耳を傾けたことがあった。
言っておきますが、小さな女の子ではないんですよ(笑)
部屋の中のことはよく思い出せるのに、
なぜか街の様子に覚えが少ない。
確かにここを歩いたはずなのに、
覚えのない店ばかり。
記憶にあるのは西友と丸正くらいだ^^;
南口の商店街を歩くと、昔通った歯医者が見つかった。
突き当たると桐朋学園。
それ以外は、哀しいほど思い出が見つからなかった。
街は変わり、私も変わった。
ここを歩いている22歳以下の人たちは、
私がここに住んでいたその頃、存在していなかったのだものね。
そして、
たぶんここが私が住んでいた場所だ。

e0027681_22232022.jpg

by hanakannzasi-716 | 2009-06-20 22:24 | | Comments(6) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon