響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2007年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 08月 30日 |
中1が地理のレポートを29日に仕上げ、本人の自己申告によると夏休みの宿題完了とのこと。
あと2日、どうするの?と聞くと、31日は文化祭の用事で学校へ。30日は家でテレビやゲームなどてきとうに、と答える。
「・・・・・・つくばエクスプレスに乗りに行かない?」
「行く!!」
ということになり、急きょ仕事の都合をつけてお出かけです。^^;
最近鉄道関係の本やマンガを読んでいたので、親子で血中のテツ分が増加していたところです。
初心者ながら、鉄ちゃんの真似事をしてみました。(笑)
さてさて、中央線・総武線を乗り継いで秋葉原へ。スイカにたっぷりチャージして、TX(つくばエクスプレス)乗り場へ。つくば行き区間快速のクロスシートに腰をおろします。
何の目的も無いのですが、「せっかくだからつくばまで行こうか」ということに。(爆)
50数分でつくばに到着。車窓には森や田園が広がり、目を楽しませてくれました。
守谷とみらい平の間に「デッドセクション」、つまり直流電源から交流電源へと切り替わる場所があるそうなのですが、よくわかりませんでした。昔はこういう地点では一瞬電気が消えたらしいのですが、今はそういうこともなく通過していくのが、ちょっと残念かな。
つくばに降り立ち、とりあえず駅ビルでお食事。
さて、どうしましょうか・・・
駅周辺はあまり面白くありません。つくばエキスポセンターへと歩き、筑波大学の入り口で記念写真を撮りました。
ここなら電車で通えるね、TXもあるし・・・と言うと中1はなんとなく不愉快そうな顔していました。何でだろう?
さてさて、つくばに別れを告げ、TXで守谷へ。ここから「関東鉄道常総線」に乗ります。
なんとディーゼルカーですよ!!架線が無いんです。車体番号も「キハ」ですよん!
2両編成のかわいい電車で、言ってみれば「線路を走るバス」ですな。
感激しまくりで取手に到着。JR常磐線に乗り換えます。新松戸で武蔵野線に乗り換える予定が、乗った電車が快速だったためすっ飛ばして松戸へ。松戸から戻ろうとして、うっかり反対方向に乗り、北千住へ。こんな初歩的な間違いをするとは、鉄初心者の名に恥じます。ホント恥ずかしい・・・
めげずに路線図とにらめっこ。そうだ!!東部伊勢崎線に乗って、新越谷で武蔵野線に乗り換えるのだ!!
疲れた顔して見るからにイヤそうな中1を引きずり、東部伊勢崎線ホームへ。結構混んでいます。今度は間違えないように・・・。
無事JR武蔵野線に乗車。都心をワープして西国分寺へ。さすがの私もぐっすり休憩。
やたらと交通費がかかりましたが、楽しかったです^^;
e0027681_22212190.jpg
つくばエキスプレスの車内。一部セミクロスシートになっています。
e0027681_2224727.jpg
関東鉄道常総線。架線が無いのわかります?
by hanakannzasi-716 | 2007-08-30 22:27 | | Comments(4) |
2007年 08月 25日 |
e0027681_20201711.jpg日帰り温泉っていうのにハマリつつあります。
帰りに疲れない程度の適度な距離、でも旅行気分に浸れるほどの自然も欲しい。
そんな欲張りをかなえてくれるスポットを探索中。

今日は、JR中央本線藤野駅からバスで15分、「藤野やまなみ温泉」に行ってきました。
ここは具体的には相模原市。神奈川県の山中です。
高尾からさらに下り、というのは数えるほどしか体験ないので、かなり新鮮。
だけど高尾からたったの2駅です。高尾、相模湖、藤野。
山がいっぱい。だからトンネルも多い。東京からさして遠くない場所にこんな自然が・・・
駅から温泉行きのバスに乗ると、いきなり山道です。
車酔いするひと気をつけて^^;

やまなみ温泉は町営で派手さはありませんが、ちゃんと露天風呂もあり、しっかり温泉です。
泉質はナトリウム・カルシウムー硫酸塩・塩化物質だそうで。
加温しない源泉にも入りましたが、程よいぬるさが気持ちよい。
蝉の鳴き声を聴きながら露天風呂、というのもイケました。
目をつぶると、自然の中にいるんだなぁ・・・・としみじみ。
今日はお一人様じゃないんですよ。受験生の息抜きもかねて19歳女子と交流の半日でした。
写真は「Yahoo!トラベル 国内観光・温泉地ガイド」から拝借。男湯を撮影したわけではありません。念のため(笑)
by hanakannzasi-716 | 2007-08-25 20:17 | | Comments(2) |
2007年 08月 18日 |
e0027681_1485348.jpg北村薫の「円紫師匠と私」シリーズを読み、落語が聞きたくなりました。
新宿末廣亭は勤め先から30分くらいで行ける場所ですが、先日初めて行ってきました。
いいですね、寄席って。開演中はいつでも入れるし、途中で出ても大丈夫。お酒以外なら飲食自由。肩の凝らない庶民の娯楽なんですね。これからもちょくちょく来てみようかななんて思いました。携帯の画像があまりよくありませんが、まあこんな感じの入り口です。
この日の真打ちは、三遊亭小遊三さん。他の方はあまり存じ上げませんでしたが、落語の他漫才あり、曲芸あり、と大笑いしたり、クスクス笑いしたり、感心したり、とても楽しい時間でした。
どの噺家さんが話されたのか忘れてしまったのですが、楽しい話がありましたので紹介します。

おじいさんとおばあさんが、そういえば新婚旅行に行ってないね、という事で、温泉に行く事になりました。旅を楽しみ、ゆっくり温泉につかってリラックス。そこでおじいさんがこんな提案をします。
「ばあさんや。ひとつ若い頃の気持ちに戻って、裸で御飯を食べませんか?」
「まあじいさんったらイヤですねぇ!」
と言いながら、結局2人とも素っ裸で御飯を食べています。
「おじいさん、何だか若い頃を思い出して、胸がジンジン熱くなってきましたよ。」
・・・・・・・・・・・
「ばあさんや、おっぱいの先っぽが味噌汁に漬かっていますよ・・・」
by hanakannzasi-716 | 2007-08-18 14:15 | | Comments(4) |
2007年 08月 17日 |
なんでピアノ?(圓光寺)
e0027681_22342241.jpg

みずほ銀行 カッコイイ!!
e0027681_22345463.jpg

祈り・・・・・・愛宕念仏寺
e0027681_2235183.jpg

永観堂の片隅に・・・
e0027681_22373897.jpg

嵯峨野にて
e0027681_22414592.jpg

おみやげはやっぱり、
e0027681_22423254.jpg

by hanakannzasi-716 | 2007-08-17 22:43 | | Comments(0) |
2007年 08月 17日 |
さて、「2007年京都の旅レポート」も終わりに近づいてきました。
最後に私の旅を支えてくれた電車たちの紹介をします。
私は鉄道に詳しくないし、マニアではありません。
でも、ちょっとした電車フェチなんです。
初めての電車に乗ると興奮、じゃなくて嬉しくて心が弾んでしまいます。
余裕ができたらいつか「乗り鉄」になるのが夢だったりします^^;
まずは、個人的に懐かしい阪急電車。まだこの色だったのね!!
e0027681_21581338.jpg

続いての登場は嵐電こと京福電鉄です。
e0027681_2204760.jpg

運転席からの眺め。^^;
e0027681_221527.jpg

これは叡山電鉄。洛北・比叡山や鞍馬へ向けて走ります。
e0027681_225836.jpg

真打ちはやはり、新幹線のぞみ号!!
e0027681_2272376.jpg

by hanakannzasi-716 | 2007-08-17 22:10 | | Comments(4) |
2007年 08月 16日 |
伊丹を訪れた話はまだでしたね。
私は、小学校3年から6年までの間、兵庫県伊丹市に住んでいました。
兵庫なのに大阪空港があるという、まるで千葉なのに東京ディズニーランドがある浦安みたいなところです。(?)
しかし、お昼にパピヨンさんとビールを飲んだのがいけなかった・・・(笑)
十三から阪急宝塚線に乗ってしまい「豊中」の次の「蛍池」まで行って間違いに気付きました。
さて、どうしましょう。戻るのも面倒だなぁ・・・と思った私の視界に「大阪空港行きモノレール」の文字が飛び込んできたのです!!
大阪空港、ということは伊丹だ!!確信を持って私はモノレールに乗り込みました。
距離的に近かったらしく、一駅でした。
大阪空港。さぁさぁ、これからどうやって目的地に行くつもりか私?
・・・・・
やっぱり困ったときのタクシー頼みですね。
「伊丹市内お願いします。ところでここは大阪ですか?伊丹ですか?」
というトンチンカンな私の問いに、さすが大阪のタクシードライバーは親切です。
「半々いうとこやなぁ」
「半々?」
「あのトンネル越えたら伊丹や。空港はだいたい半々やねん。」
「そっかぁ~~~」
その後も「有岡小学校」「小西酒造」「川と線路の間くらい」などという断片的なワードだけで、親切にも私の行きたい場所まで連れて行ってくれました。ありがとう!!
e0027681_2124049.jpg
ここは、私が4年生から6年生まで通った有岡小学校の校庭です。3年のときは市街に近い伊丹小学校に通っていました。有岡小はその当時の新設校。3年の頃、更地に土が盛り上げてあった場所で遊んだのを覚えています。この校庭で石拾いしたっけなぁ・・・あのJR福知山線の線路と隣接しています。

e0027681_2129236.jpg
この公園は私が当時住んでいた家があった場所。ちょうどこのタイヤのところです。私が暮らした唯一の一戸建ての家。猫が通ってきたり、赤い実がなったり、汲み取り便所で土間があったり、懐かしいなつかしい家。今も目をつぶると間取りが浮かんできます。
このあたりを散歩してみましたが、もちろん知っている人に会うこともありません。友達の家があったはずの場所はうら寂しい空き家になっていたり、新しいマンションが建っていたり・・・
阪急伊丹から塚口まで。乗り換えて一路京都へと戻ります。
この日も暑かった。
by hanakannzasi-716 | 2007-08-16 21:33 | | Comments(4) |
2007年 08月 15日 |
e0027681_21592324.jpg

地下鉄東西線蹴上駅から「インクライン」めざして歩きます。
琵琶湖の水を京都へと運んだ琵琶湖疏水。船を台車とレールに乗せて運んだインクラインです。今や使われていない線路というのは郷愁を誘うものですね・・・
e0027681_2252921.jpg

南禅寺にあるレンガ造りの水路閣。魅力があります。
さてさて、高校の修学旅行の想い出。当時の高校生にとって2000円はちょっとした大金だったはず。清水の舞台から飛び降りて食べた南禅寺「奥丹」の湯豆腐。
看板を見つけたものの、休業の札にガックリです・・・
かわりに「順正」というお店に入り、湯豆腐ならぬ「おぼろ豆腐」コースをいただきました。暑くて湯豆腐気分になれず・・・^^;
e0027681_22124786.jpg

このあと天麩羅と豆腐プリンがきました。美味しかった!!&ビールも・・・エヘヘ!
ビールが入った身体には南禅寺境内散策きつかったです。
しかし私は頑張りました。永観堂をめぐり、ゼイゼイハァハァ・・・
出口で何故か待っていたのはタクシー1台。
東寺で締めようか、それとも銀閣寺か。「これから銀閣寺間に合いますか?」口走っていました。
「間に合いますよ。飛ばしましょう!!」冷房ガンガン。生きかえります!!
銀閣寺に到着。しかし西日が暑い・・・東山文化・・・はぁはぁ・・・
e0027681_2221746.jpg

最後の力を振り絞り、哲学の道を歩きます。南禅寺に戻り、タクシーを拾います。
「京都ステーション!!」お願いします(疲)
by hanakannzasi-716 | 2007-08-15 22:25 | | Comments(0) |
2007年 08月 14日 |
さて、最終日。どこに行こうか迷ってしまいました。
人生は洗濯、じゃない選択の連続なのだ。さぁ、どうする?!
決めました。「電車で行けるところに行こう!!」
よくわからない決心だが、そうしましょ!
ホテルをチェックアウトし地下鉄で京都駅へ。荷物を預けいざゆかん。
地下鉄烏丸線で四条御池へ。地下鉄東西線に乗り換え三条京阪へ。(京都にも東西線があるのね)京阪電車に乗って出町柳。出町柳から叡電に乗車し、一乗寺にて下車。
出町柳は鴨川が二股に分かれている地点。いい地名だなぁ・・・
それにしてもバスに乗ったほうがよっぽどややこしくないし早いよね。きっと(笑)
叡電は鞍馬行き。時間の余裕があればそのまま乗って鞍馬まで行きたかったなぁ・・・
一乗寺からどこへ行くかというと、お目当ては詩仙堂。
駅から結構歩いたけどね^^; またもや炎天下のお散歩。ひぃひぃ。
e0027681_23461331.jpg

坂道を登り始めると、なんとも涼しげなお寺の入り口が出現しました。
徳川家康に仕えた石川丈山という人が長い余生を暮らしたそうです。
お庭もとても落ちついた雰囲気で和みました。紅葉の頃に来るとまた格別なのでしょう。
近所の圓光寺も見学し、一乗寺駅に戻ります。再び叡電、京阪、地下鉄東西線を乗り継ぎ、蹴上で降ります。
京阪の構内には「京阪乗る人おけいはん」のポスター。単なるしゃれですか?
by hanakannzasi-716 | 2007-08-14 23:58 | | Comments(2) |
2007年 08月 13日 |
嵐山からバスで京都駅へ。バス内大爆睡です。(早口で3回繰り返しましょう)
新幹線の時刻と空席情報、そして荷物一時預かり所の場所をチェック。
さて、これからどうしようか・・・
疲れているんだけど、このままホテルに直行するのはもったいない気がしました。
そうだ!!鴨川沿いを歩いてみよう!!疲れたら電車(京阪)に乗ればいい。
縦、横、縦、横と歩き、少しずつ川に近づいていきます。
五条あたりで川沿いに。だけどこのあたりはちょっとコワイ雰囲気。静かで人も少ないし。
足早に通り過ぎ、ようやく四条大橋に出ました。鴨川の流れは黒々としてよく見えませんが、さすがに風情が感じられます。
おお!これが有名な先斗町。お店に入る気はさらさらないが、こわごわ歩いてみました。狭い通りの左右に店が並び、人がひしめき合っています。
そして三条に到着。やっとホームタウンについた心持ちです。我がホテルはもう一息。3連泊もしているとだんだん自分の家のような気になってくるものですね。
結局駅から歩きとおし、昼間以上に足が棒になっておりました。
e0027681_22244699.jpg

by hanakannzasi-716 | 2007-08-13 22:27 | | Comments(0) |
2007年 08月 12日 |
竹林を通り、「野宮神社」へ。伊勢神宮の斎宮に選ばれた皇女が身を清めた場所だとか。
元気のいい中国語が聞こえた。ツアーらしい。京都はさすがに海外からの旅行者が多い。
次に訪れたのは「天龍寺」。広くて大きなお寺。曹源池は池泉回遊式庭園として有名だそうだ。
世界文化遺産に登録されているという。そうなのか!
踏み切りを越え、少し歩くと「常寂光寺」。静かで落ち着いた雰囲気のお寺だ。小倉百人一首はここで編纂されたそうだ。
へぇぇぇぇ!!
さらに坂道を歩く。容赦なく暑い。汗がだらだら流れてくる。このままじゃダメだ。ひぃひぃ。
アルミ缶のアクエリアスを買って飲み、しばし生き返った。
右や左にみやげ物屋が並んでいる。あれ?何だかデジャビュ・・・
というより確かに以前来たことがあるよ。そうだ!20代の頃、一人で京都に来たときも嵯峨野を訪れていたのだ!!
なぁんだ、初めてじゃなかったのね。私は嵯峨野が好みなのかしらん?
人間って変わらんなぁ・・・と感慨にふけっているうちに「化野念仏寺」へ到着。
ああああ、来たよね。さいの河原。石だらけのお寺。
石仏の魂が漂っているような濃い空気を吸いながら歩く。
ここではフランス語が聞こえた。フランス人観光客に説明している日本人の声だ。
さてさて、私が本当に魂をひかれていたのは次なる「愛宕念仏寺」
さらに坂道を歩くがなかなかたどり着かない。遠いよ、足が痛いよ、疲れたよ。レンタサイクルにするべきだったよ・・・
グロッキー状態で到着。平日のせいか工事なんかしていて、作業員がレシーバーで大声を出している。雰囲気出ないが、仕方ない。
いたいた!!千二百羅漢。いろいろな顔がある。ずっと見ていても飽きない。面白い。
苔に覆われた人もたくさん。まるで記念写真を撮るように並んでいる。
元来た道を戻り、「二尊院」へ。釈迦如来と阿弥陀如来の二体を本尊とするところから名づけられたとか。誕生の時には釈迦、あの世へ行くときは阿弥陀様、とそれぞれお世話になるわけだ。
疲労も極に達して、ようやく渡月橋にたどり着き、食事と日帰り温泉で一息ついた。

e0027681_2138216.jpg

この道はいつか通った道?以前訪れたのは冬だったような気がする。
e0027681_2138301.jpg

化野念仏寺(あだしのねんぶつじ) 何かにとり憑かれてもおかしくない。
e0027681_2138528.jpg

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ) まあおひとつどうぞ。では遠慮なく・・・
by hanakannzasi-716 | 2007-08-12 21:46 | | Comments(2) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon