響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 05月 28日 |
総武線西船橋駅下車。ここから「東葉高速鉄道」というのが出ているらしい。
おお!!見つけた。えっ?!地下鉄東西線と同じホーム?
ははあ、なるほろ、乗り入れしているわけですね。
ちょうどその時すべりこんできた電車に乗る。
高速鉄道というだけあって、速い!!
車窓にはフェンスがあったりして、新幹線の感じに似ている。
遠くのほうに現在造成中の土地や、緑の森が見える。
この線ができて住宅が急速に増えたのだろうね。
さて、
八千代緑ヶ丘という駅で降りる。駅前に大型スーパー。
線路沿いに13分ほど歩くと、お目当て「京成ローズガーデン」が。
薔薇はその盛りの姿を表し、熱気ムンムン・・・
わけもわからず写真を撮っているうちにフラフラ・・・・・薔薇酔いか?
人の多さにげっそり。薔薇のアイスクリームを食べようと並んだら、整理券発行状態でうんざり。
でも、日陰でアイスを舐めているうちに持ち直した。
元気を振り絞って薔薇解説ツアーに参加。へえぇ~~、薔薇の世界は本当に奥深いのだな。品種によって個性はいろいろ。香りの強い品種は育てにくいとか、この品種は花付きが良いのが取り得とか・・・いろいろ聞いたのに左の脳から右の脳へと抜けてしまった(笑)
薔薇検定とかあったらすごいな。いやあるに違いない。
あまりの暑さに、自動販売機の飲み物はすべて売り切れ。
体力も限界に近づいたので、ショップに寄って帰途。
帰りの東葉高速線。眠っているうちに中野に到着。中央ラインに乗り換える。
千葉も近くなったものだ。
e0027681_2131494.jpg

by hanakannzasi-716 | 2007-05-28 21:31 | | Comments(2) |
2007年 05月 13日 |
神田で山の手線に、日暮里で常磐線に乗り換える。
子どもの頃暗記していた駅名。三河島・南千住・北千住・綾瀬・亀有・金町・そして松戸。
幼稚園年長組から小学校2年まで、私は松戸に住んでいた。
松戸の駅に降り立ち、あっと息を呑む。そりゃあ、変わっているとは知っていたけど、ほとんど別人、いや別駅。40年も経てば人も変わる。駅も変わる。
未来の松戸駅東口から、一気に階段を登り中央公園へ。抜けて反対側の入り口へ。そこは昔と変わっていなかった。
タイムスリップ。40年前へ。
父と母と私の3人で住んでいたアパートは信じられないことに当時のままだった。遊んだ公園も、すぐ隣の小学校も。校庭にあるうんていも。馬跳びをした埋められたタイヤも・・・。
小学校では野球チームが練習していた。私より年下のお母さんたちが監督と話し合いをしていた。
そこは小高い丘というか、台地になっているところ。起伏が大きく、駅まで坂が続いている。整備され、周辺にたくさんの高層住宅が建っているものの、同じ坂が存在していた。
母は病弱だったため、この坂を登るのが辛かった。私は母の背中を押しながらこの坂を登ったものだ。途中でパンツを脱いでいるおじさんに出会い、2人で息を切らしながら坂を登った思い出がある。元祖変質者?(笑)
私が在籍したセントミカエル幼稚園も見つかった。
変わらぬものと、変わったものが混在している。40年。

松戸から乗った電車は途中から地下に潜り込み、都心を淡々と走った。常磐線・東京メトロ千代田線・小田急線と脈絡もなく乗り入れる。町田の駅でスイカを見せてどうしたらいいですか?」と聞くと、ペッタンして出てくださいと言われた。横浜線の改札で再ペッタン。
JRも私鉄も地下鉄もいまや渾然一体となった東京。スイカはもっと早くから便利になるべきだったと思う。


常磐線が走る!!
e0027681_224588.jpg

40年前この公園で遊んだ。
e0027681_2252228.jpg

そう、確かにここに住んでいました。
e0027681_2253869.jpg

by hanakannzasi-716 | 2007-05-13 22:07 | | Comments(13) |
2007年 05月 05日 |
こゆきさんのところで紹介されていた寺家ふるさと村に行ってきました。

東急田園都市線、青葉台駅で下車し、鴨志田団地行きバスに乗って終点で降り、しばらく歩くと別天地が現われる。横浜市の北端だそうだ。
東急田園都市線と言えば、東急が大規模な住宅開発をしたことで有名。
開発前の沿線にはのどかな田園風景が広がっていたことだろう。田園を壊して作ったのが田園都市とは・・・?
ところがふるさと村がある寺家(じけ)には昔ながらの田園風景がほぼそのまま残っている。これはある意味異様なことだ。開発に抗してふるさとの風景を残すには相当な苦労があったと思われる。
もちろん、人間の手が入っている気配も充分感じられるが、都市の公園などには及ぶべくもない自然がある。
森の中を歩き、池の亀を眺め、歩いていると目の前に昔ながらの田んぼが広がる。信じられない気持ちだった。少し歩くと団地があるというのに。
田んぼの畦道に座り込んでカエルの合唱を聞いた。緑と泥が混じったような小さなカエルがぴょンぴょん跳ねていった。名も知らぬ鳥が空を横切っていく。
そしてレンゲ畑。いったいい何十年ぶりに目にするんだろうか・・・
小さい子に混じってレンゲ畑に入り、はいつくばってシャッターを切った。
だけどレンゲ畑にはやはり小さな女の子が似合うな。
e0027681_23315166.jpg

e0027681_23321077.jpg

by hanakannzasi-716 | 2007-05-05 23:38 | | Comments(2) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon