響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
|
2007年 01月 03日 |
e0027681_8442214.jpg以前から一度行ってみたい、と思いながら何となくためらっていたのですが、お正月なら、初詣の人ごみに紛れてクリアできそう・・・
とまあ、そんな魂胆で見学してまいりました。靖国神社。
九段下から地上に上がると、結構な人出です。ごく普通の初詣の人波。でも道路には黒い車がいっぱい停まっています。やっぱり雰囲気違うなぁ。
東京理科大ってこんな所にあったんだ、と思いながら鳥居をくぐると、両側には焼きそばやお焼き、リンゴ飴などのお店が並んでいます。お祭りみたい。
ごめんなさいね、と拝殿を素通り。遊就館へと向かいます。この遊就館、明治時代の初めから第二次世界大戦までの、戦争に関する資料が展示されている軍事博物館です。非常に充実した展示内容で、回るのにやたら時間がかかりました。「私たちは忘れない」という映画が50分。結局3時間以上神社の中にいました。
つい最近私は、「爆笑問題の戦争論」という本を読みました。漫才形式ですが、扱っている内容はまさに日本近現代史、戦争の歴史です。遊就館の映画を見て、笑うしかありませんでした。扱っている内容はほとんど爆笑問題と同じなのに、戦争に至る説明が真逆なのです。太平洋戦争に関しては、爆笑問題のほうは、アジアへの侵略戦争としての捉え方。遊就館では、アメリカに経済制裁され、民族として踏みにじられて止む無く戦争に突入したという見方になります。
結局どちらの情報を受け取るかで、人の考えが決まってしまう場合がほとんどなのでしょう。いきなり遊就館に連れてこられた子どもたちは、映画を見て感動し、「そうなんだ・・・」と鵜呑みにすると思いますし、親や先生が別の史観の持ち主であれば、また違う考え方が頭に入っていくわけです。
展示の終わりのほうには、戦争の犠牲になった人々の写真が延々と貼られていました。いわゆる英霊です。展示が終わるとお土産コーナー。「自衛隊まんじゅう」なんていうのがあったので、カメラを取り出して撮ろうとすると「システムエラー」が出ました。警備員の目がコチラへ向いたのでさっとカメラをしまいました。展示室は撮影禁止なのはわかっていましたが、お土産コーナーまでダメとは・・・外に出るとカメラは普通に戻っていましたので、館内では何らかの細工がされているのでしょうか。
やはり靖国神社は、普通の神社と違って、重苦しい空気が漂っている気がしました。
by hanakannzasi-716 | 2007-01-03 08:48 | | Comments(4) |
2007年 01月 03日 |
e0027681_974496.jpg今年はすっかり神社にハマっています。バッグの中の本は「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」by香山リカ。(笑)
さて、靖国神社を後にし、重苦しい気分のまま地下鉄にもぐり、半蔵門線、南北線と乗り継いで溜池山王で地上へ。
山王日枝神社で気持ちの仕切り直しです。(勝手なやっちゃ・・・)
さすが都会の真ん中にある神社。エスカレーターで上れます。境内は明るい雰囲気で、何だか安心。
ここではお賽銭を投げてちゃんとお参りしました。
by hanakannzasi-716 | 2007-01-03 08:00 | | Comments(4) |
2007年 01月 01日 |
e0027681_23311130.jpgあまりにも正月らしくない生活のため、うっかり新年のご挨拶を忘れてしまいました。(汗)
あらためて、
あけましておめでとうございます。

初詣は高尾山です。冷たい空気が美味しかったです。
2006年は可もなく不可もなく、穏やかな年でした。感謝!!
2007年はどうなるのか、皆目見当もつきませんが、
世界が平和になりますように。
そして、心のネジがかなり緩んでいるので、ちょっと引き締めて、悔い改め、
汚れきった心が少しでもきれいになりますように。

そんなふうに努力します。   響
by hanakannzasi-716 | 2007-01-01 23:40 | | Comments(6) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon