響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 08月 17日 |
 六本木から直通バスで渋谷へ。京王井の頭線に乗って下北沢で下車。
 何年ぶりだろう・・・もしかして10数年ぶり? でも街全体の雰囲気はそれほど変っていなかった。戦後そのままのマーケットも残っていた。旧友に会ったような気分。
 昔むかし、私は京王線沿線に住んでいたので、下北沢にはよく来ていた。お芝居を観たり、買い物をしたり、喫茶店に入ったり、とにかく好きな街だった。
 久しぶりなのでお店も道もよくわからない。小田急と京王の踏み切りを何度も渡り、やみくもに歩き回った。お供は次女。この人はテレビドラマの影響か最近この街に憧れていて、念願かない大はしゃぎだった。あるある好きな服、アクセサリー、エスニック風な小物・・・暗くなるまで親子で買い物を楽しんだ。
 紫色のエスニック調の布バッグを買ってしまったのだけど、いつ使おうかしら?
 
by hanakannzasi-716 | 2006-08-17 00:46 | | Comments(0) |
2006年 08月 14日 |
 小6の自由研究対応で、博物館に行ってきた。
 東京に住んでいると、こういうときに恵まれていると思う。ちょっと足を伸ばせば博物館も美術館も回りきれないほどある。「博物館ガイド」を見て、迷ったあげく、「印刷博物館」に決定した。
 飯田橋駅から歩いて15分ほど。地図片手にようやくたどり着いた。都内はお盆のせいか閑散としている。「印刷博物館」の中も人が少なく、まさに穴場だ。
 ちょうど体験学習コーナーの時間にあたり、「本を作ろう」というイベントに参加することができた。本と言っても8ページほどの簡単な折りのもの。自分で金属の版を集めて印刷した。
 展示内容は非常に充実していて、じっくり見ていくと2時間ほどかかった。古代から現在までの印刷の歴史がよくわかり、興味深かった。特にカラー写真印刷の網どりの原理など、「なるほど!」と思うわかりやすい説明がされていた。
 普段何気なく読んでいる新聞や広告、そしてもちろん本やパンフレットなどが、大袈裟ではなく本当に人類の進歩に貢献してきたのだと実感することができた。新聞なんて、よく考えてみたら古いメディアなのに、今も消え去ることなく残っている。テレビやパソコンが台頭してもなくならないなんて不思議だ。
 活字には大きな力があるのかもしれない。
e0027681_1354359.jpg
印刷体験をした部屋
by hanakannzasi-716 | 2006-08-14 01:37 | | Comments(2) |
2006年 08月 08日 |
 小田急線で箱根湯本へ。20分ほどバスに乗り仙石原に到着。登山バスというだけあってカーブの連続。山を登っているんだなぁと実感する。
 最初のお目当ては箱根湿生花園。キキョウ、コオニユリ、サギソウ、ミソハギなどという湿原の花が気持ち良さそうに風に揺れていた。お花畑の中を歩くうちに幸せな気分になってきた。
 次に、湿生花園から歩いて5分ほどの「星の王子様ミュージアム」を訪ねた。1900年前半のフランスの街並みを再現した建物と庭、サン・テクジュペリの生涯を詳細に紹介した展示室など、想像以上に見応えがあった。お金持ちだったらしく、写真がふんだんに残っているのだ。飛行機を操縦する写真は、胸に並々ならぬ決意を秘めているようでとても凛々しい。
 最後に、施設巡りバスで小涌園「ユネッサン」の森の湯へ。ゆったりと温泉を楽しんだ。日帰り一人旅でリフレッシュ。たまにはこんなワガママもいいでしょ。
e0027681_2359262.jpg
点燈夫の広場
by hanakannzasi-716 | 2006-08-08 23:59 | | Comments(2) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon