響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
カテゴリ:旅( 365 )
|
|
2016年 07月 06日 |
境港は海に囲まれていますが、北側は境水道と呼ばれ、海なのに川のような形状をしています。
向こう岸は島根半島。いきなり山が迫っています。
「天然温泉 夕凪の湯 御宿 野乃 境港」という長い名前のホテルに泊まりました。
くつを脱いで過ごす和風の宿で、リラックスできました。ドーミーイン系列のホテルは温泉がついているのでよく利用します。朝ごはんは海のものが多く、とても美味しかったです。

翌朝、海沿いの道や、水木しげるロードをお散歩。至る所に妖怪の彫刻があって、まさに妖怪尽くしの街となっています。水木しげる記念館もじっくり見学いたしました。
e0027681_9143057.jpg
e0027681_9144795.jpg
e0027681_915340.jpg

by hanakannzasi-716 | 2016-07-06 09:15 | | Comments(0) |
2016年 07月 03日 |
帰りの送迎バスは安来まで。
境港までの切符を買おうとしたら、「乗って!」と言われ急いでホームへ。
米子行きの車両に飛び乗るとすぐに出発しました。
切符買ってないんだけど大丈夫なのかな~~?
と次の駅で「しまった!」
乗り込んできた乗客は整理券を取っているのです。
整理券なんて知らなかったし・・・
次はもう米子でしたから、仕方なく駅員さんに事情を説明しました。すると、
「ゼロ番線に境港行きが止まっているからすぐ乗って!! 降りたら精算でいいから」
あらら~またもや切符なしで乗車しました。安来から乗った証拠もないのに・・・
乗り込んだ列車はあっと驚く妖怪列車。車体、シート、天井・・・すべてが妖怪の世界です。
e0027681_1752121.jpg

列車はゆっくりゆっくり走ります。
夕方の時間帯のせいか部活帰りの高校生が多く、車内は妖怪と青春の世界・・・
境港で500円支払って降りました。
「安来から乗りました」でOKです。切符は?なんて言われませんでした(笑)
by hanakannzasi-716 | 2016-07-03 17:56 | | Comments(0) |
2016年 06月 25日 |
e0027681_125952.jpg

米子空港からバスで米子駅へ向かいました。
途中から雨がパラパラ、駅に到着するころは土砂降りで唖然・・・
観光案内所で足立美術館行きの送迎バスの場所と時間を確認し、小一時間待機しました。
雨も小降りになり、送迎バスに乗車、足立美術館に向かいます。
この美術館がある場所は島根県の安来です。
庭園は噂どおり素晴らしかったですが、所蔵品も負けず劣らず充実していました。
横山大観をはじめ、近代日本画の大家たちの作品がずらっと並んでいました。
観光地としても人気らしく、たくさんの人が訪れていました。
私のようにわざわざ東京から、という人は少ないと思いますけど、、、
by hanakannzasi-716 | 2016-06-25 12:12 | | Comments(0) |
2016年 06月 19日 |
e0027681_7444380.jpg

初めての山陰です。
by hanakannzasi-716 | 2016-06-19 07:45 | | Comments(0) |
2016年 05月 31日 |
旅行ついでにその地のミュージアムを訪ねるのは楽しみのひとつ。
東京の美術館は人が多すぎて、行列を作ることも珍しくありませんが、それではぐったり疲れてしまいます。
のんびり、ゆったり、作品と向き合える。地方の美術館ならではの贅沢です。

さて、岐阜駅について最初に向かったのは岐阜県美術館。西岐阜が近いのですが、私は岐阜駅からバスに乗りました。この公立美術館はオディロン・ルドンの所蔵で有名で、訪れるのを楽しみにしていました。
企画展はなく、「ナンヤローネ」と題した所蔵展をやっていました。「ナンヤローネ」は岐阜の方言なのでしょうか?
作品を見たときに、「ナンヤローネ?」と口から出てくる素直な疑問が大事、そこから作品鑑賞がはじまるのだ・・・ということのようです。
各自箱を持って会場に入り、いくつかの作品の前に置かれているモノの中で、作品のイメージに近いと思ったモノを選んで自分の箱に入れていく。会場から出て、自分の箱に入っているモノたちをスケッチしたり分析?したりする、というようなイベントが行われていました。
私はやらなかったのですが・・・どうもそういったイベントに参加するエネルギーが自分の中にないみたいです(笑)
ルドンをじっくり見ることができ、満足できました。
e0027681_957383.jpg

あくる日、訪れたのは岐阜現代美術館です。こちらは私立美術館で、ある会社の社長さんのコレクション中心に展示しているようでした。
なぜここに向かったかというと、今話題の篠田桃紅さんの作品を見るためです。書の世界から大きくはみだして抽象の世界へ。でもその作品には墨の性質そのものが息づいていました。100年以上の人生で一つのことを追求し続けるというのはとても想像のできない世界です。
この美術館は外観も優れていて、手前側には長良川をイメージしたプールと砂利が置かれています。
学芸員も受付も誰もいないので、会社の前でお掃除している女性の方と世間話などをして、美術館について話を聞きました。
入場無料でしたが、関市の山の中にあり、タクシー代がかかりました。でも、こんなことも一度してみたかったのです。
e0027681_1084720.jpg

美術館ではありませんが、長良川うかいミュージアムも楽しかったです。鵜飼見学も体験したかったですが、今回はパスしました。それにしても鳥を使って魚を取らせるとは、人間もなかなかずるいことをするもんですね!(笑)

岐阜 20160515-16
by hanakannzasi-716 | 2016-05-31 10:14 | | Comments(0) |
2016年 05月 30日 |
市街地の真ん中にポコッと小高い山があるのは不思議な地形のように感じます。
急な斜面をロープウェイで登ります。下を見るとちょっと怖い・・・何度かくらっと揺れるのがスリリングです。
あっという間に金華山の山頂に着きますが、そこから少し歩きます。岐阜城は建て直したものなので、中はミニ博物館になっています。
最上階のから見下ろす長良川の流れは見ごたえがあります。
e0027681_9263339.jpg

e0027681_9265514.jpg

by hanakannzasi-716 | 2016-05-30 09:28 | | Comments(0) |
2016年 05月 23日 |
e0027681_7182010.jpg

穏やかに流れる長良川沿いを歩いたら、爽やかなサイダーで一服。
実は禁酒中です。1か月以上飲んでいません。エライでしょ?(笑)
by hanakannzasi-716 | 2016-05-23 07:23 | | Comments(2) |
2016年 03月 19日 |
次の日も夜まで観光の予定だったのですが、低気圧の影響で帰りを早めなければならなくなりました。
桜島にも行きたかったのですが残念です。
今回は日程がもともと短かったし仕方ありませんが、他にもたくさん行きたい場所はありました。
心残りだな~~
いずれ、息子の運転技術が進歩したら、霧島方面をドライブしてみたいと思います。

そんなわけで最終日はお土産を買いまくるだけで終わりました。
e0027681_1752508.jpg

それにしても鹿児島は何を食べても美味しかったです。
黒豚も薩摩鶏も、安納芋の天ぷらももっちりして美味しかったな~
居酒屋で食べたスナックえんどうもひと味違いました。
そして焼酎も!!

鹿児島20160218-20
by hanakannzasi-716 | 2016-03-19 17:56 | | Comments(0) |
2016年 03月 19日 |
旅館で少しゆっくりしてから、砂むし風呂へと向かいました。
初めての体験です。
専用の浴衣を着て、頭にタオルを巻いて砂の上に横たわると、係の人がスコップで砂をかけてくれます。そのまま10分。かなり圧迫感があります。もちろん熱いですが、我慢できないほどではありません。
砂から頭だけ出して、何ともシュールな風景であります。
終わったら自分で砂をかきわけて起き上がり、お風呂で砂を流します。

旅館の温泉にもつかってすっかりリラックスしたところでお料理の時間です。
なんかもう最高っすね!
焼酎をいただきながら幸せ気分です。

e0027681_17423556.jpg

by hanakannzasi-716 | 2016-03-19 17:43 | | Comments(0) |
2016年 03月 19日 |
お昼はざぼんラーメンというお店で鹿児島ラーメンをいただきました。
とんこつなのにあっさりして野菜もたっぷりで美味しかったです♪

さて、いよいよ観光列車「いぶたま」に乗車し、指宿に向かいました。
1か月前に指定を取り、楽しみにしておりました。
九州にはいろいろな観光列車があるので、そのうち他の列車にも乗ってみたいですね~
「いぶたま」は愛称で「指宿のたまて箱」が正式名称です。
e0027681_17261344.jpg

鹿児島湾(錦江湾)を眺めながら1時間の旅です。車体は黒と白に塗り分けられ、ドアが開くとミストがプシューっと出ます。浦島太郎の玉手箱のイメージですね。

指宿駅に着くと旅館の送迎車が待っていてくれました。ワクワク!
by hanakannzasi-716 | 2016-03-19 17:30 | | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon