響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
小樽の街・・・その光と影
2008年 08月 16日 |
e0027681_1244230.jpg

e0027681_1252425.jpg

船を下りて、私たちは運河に沿う倉庫街を歩きました。
「ビール飲もうかっ?!」ってことになり、
倉庫を改造したお店に入りました。ちょっと海賊チックな雰囲気。
小樽ビールで乾杯!!
ブログには書けないあんな事やそんな事、そしてこんな事まで、私たちは夢中でおしゃべりしていました。
3年近くにわたり、ブログ上で培われた人間関係の基礎。それは思った以上に揺るぎないものでした。初対面に近い方に、こんなにいろいろ、普通は話せるものではありません。
そして、ビールの酔いを醒ましながら歩いている時、私たちはあるおばあさんに出会ったのです。
なすびさんの関連記事
東京では、電車のホームなどで行き倒れているような人によく出会います。そんな時、私は声をかけたりしたことはありません。自分の事だけでせいいっぱいなのです・・・
なすびさんの優しさ、真心と情け深さ・・・。
自分が恥ずかしく思われた出来事でした。

それから、北一ガラス、オルゴール堂など、いわゆる観光スポットと言われている場所を回りました。
e0027681_1281713.jpg

「小樽には古いものがそのまま残されているのね、街並を保全するための条例があるの?」
「新しく建て替えるお金がないだけよ。」
そうなのか。こんなに煌びやかな観光地なのに・・・・・
少し大回りして、小樽の裏道を通って小樽駅に戻りました。
小樽の光と影。その両方を見たような気がしました。

この日の宿は札幌。18階建てのしゃれたホテルです。お風呂からは札幌の夜景が楽しめました。
すすきのあたりを歩こうかと思ったのですが、さすがに疲れを感じたので、お風呂のあとはテレビでオリンピックの開会式を見て過ごしました。

何これ?
ありえない・・・
これが中華思想ってものなのか。
by hanakannzasi-716 | 2008-08-16 01:29 | | Comments(2) |
Commented by ip2005 at 2008-08-18 03:23
昔から見ると、すっかり小樽は観光地です
30年ぐらい前は、もっともっと寂しいところだったんですよ

昔の旧市街や商店街とか残っていると面白いのですが
(有名なところは現代というBarとか)
そこらへんもうほとんど陰も形もないようです

後でTBさせてもらいます
Commented by hanakannzasi-716 at 2008-08-18 22:13
ip さんは、小樽によく行かれるのですか?

観光地から少し離れると、素顔の小樽を見ることができましたよ。
商店街は、いわゆるモールがありました。駅前には市場も。

TB楽しみにしています。
<< 写真で綴る札幌の旅 ページトップ オタモイの海の色 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon