響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
パッチワーク・心臓破りの丘
2008年 08月 14日 |
8月7日。
帯広駅で滝川行きの電車を待つ。
乗り場に一両編成のローカル電車が入線。あれ?どうしてこんな電車がここに?と思いしばらくぼーっとしていた。
「これが滝川行きですか?」と駅員に質問する男性の声。
ハッと我にかえる。なんだ、この電車に乗るんじゃん、私^^;
それにしても、一両編成とは夢にも思わなんだ・・・・・
路面電車かバスか?とみまごう車内はノンビリムード。
ジーゼルカーだから、ぶぅうう~~~っと独特の音を出して発車する。いいなぁ、この感じ!
e0027681_0135774.jpg

隣に座った女性が話しかけてきた。お母様と2人旅。大阪から。
「飛行機ですか?」と聞くと、なんと寝台列車で20時間以上かけて来たという。
寝台列車のチケットを取る苦労や旅行の日程など、話が弾んだ。
彼らは富良野で下車。私はそこで旭川行きに乗り換える。
今度も一両編成。
「次の駅ではすべての扉が開きます」
「すべての扉?・・・前と後ろ2箇所しかないって^^」とひとり突っ込む。
憧れの美瑛で下車。さあ、パッチワークの丘が私を待っている!!
e0027681_0154610.jpg

e0027681_0173533.jpg

2時間くらいしか時間がないけど、駅前で自転車を借りた。
地図をもらって、説明も受けたのに、道は間違うし、途中で写真ばかり撮っていてちっとも進まない。
しかも、・・・・・はぁ、はぁ、・・・・・ゼイゼイ、ム・・・無理・・・orz
パッチワークの丘というだけあって、アップダウンが激しい。まさに心臓破りの丘。
死ぬかと思う急勾配の後はジェットコースター。それもまたコワイ。
ケンとメリーの木までは何とかたどり着いたが、その後しばらく行って引き返すことにした。
セブンスターの丘まで行きたかったのだが、電車の時間に遅れたらアウトだ。
帰りに私がジェットコースターをやっていたら、反対側から若者が自転車を押して上がってくるのが見えた。若者だってきついんだから、とちょっと安心した^^;
e0027681_0274910.jpg

e0027681_0282592.jpg

後からなすびさんに教えてもらったのですが、レーシーフラワーというそうです。初めて見ました。
by hanakannzasi-716 | 2008-08-14 23:59 | | Comments(2) |
Commented by なすび at 2008-08-15 22:29 x
響さん、レーシーフラワーみたいよ。あなたの花ですね。
Commented by hanakannzasi-716 at 2008-08-16 22:59
脳にあちこち穴が開いているという意味で似ているかもしれない^^;


<< 小樽の夜 ページトップ 上士幌の空は広かった >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon