響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
センチメンタルジャーニー
2007年 08月 16日 |
伊丹を訪れた話はまだでしたね。
私は、小学校3年から6年までの間、兵庫県伊丹市に住んでいました。
兵庫なのに大阪空港があるという、まるで千葉なのに東京ディズニーランドがある浦安みたいなところです。(?)
しかし、お昼にパピヨンさんとビールを飲んだのがいけなかった・・・(笑)
十三から阪急宝塚線に乗ってしまい「豊中」の次の「蛍池」まで行って間違いに気付きました。
さて、どうしましょう。戻るのも面倒だなぁ・・・と思った私の視界に「大阪空港行きモノレール」の文字が飛び込んできたのです!!
大阪空港、ということは伊丹だ!!確信を持って私はモノレールに乗り込みました。
距離的に近かったらしく、一駅でした。
大阪空港。さぁさぁ、これからどうやって目的地に行くつもりか私?
・・・・・
やっぱり困ったときのタクシー頼みですね。
「伊丹市内お願いします。ところでここは大阪ですか?伊丹ですか?」
というトンチンカンな私の問いに、さすが大阪のタクシードライバーは親切です。
「半々いうとこやなぁ」
「半々?」
「あのトンネル越えたら伊丹や。空港はだいたい半々やねん。」
「そっかぁ~~~」
その後も「有岡小学校」「小西酒造」「川と線路の間くらい」などという断片的なワードだけで、親切にも私の行きたい場所まで連れて行ってくれました。ありがとう!!
e0027681_2124049.jpg
ここは、私が4年生から6年生まで通った有岡小学校の校庭です。3年のときは市街に近い伊丹小学校に通っていました。有岡小はその当時の新設校。3年の頃、更地に土が盛り上げてあった場所で遊んだのを覚えています。この校庭で石拾いしたっけなぁ・・・あのJR福知山線の線路と隣接しています。

e0027681_2129236.jpg
この公園は私が当時住んでいた家があった場所。ちょうどこのタイヤのところです。私が暮らした唯一の一戸建ての家。猫が通ってきたり、赤い実がなったり、汲み取り便所で土間があったり、懐かしいなつかしい家。今も目をつぶると間取りが浮かんできます。
このあたりを散歩してみましたが、もちろん知っている人に会うこともありません。友達の家があったはずの場所はうら寂しい空き家になっていたり、新しいマンションが建っていたり・・・
阪急伊丹から塚口まで。乗り換えて一路京都へと戻ります。
この日も暑かった。
by hanakannzasi-716 | 2007-08-16 21:33 | | Comments(4) |
Commented by kathy at 2007-08-16 21:51 x
なるほど、こういう場所にも行ったのですか。
小4~6年生と言えば、私はド田舎の小学校から再び札幌に戻って通った頃です。
木造校舎が鉄筋コンクリートに変わって高層マンションに囲まれていました。
1度行くと気が済みますね、こういうところって。
センチメンタルジャーニーの部分です。

だけど、校庭の青い空、白いグラウンド…、暑そう!
Commented by sarasa-reisia at 2007-08-16 23:04
お久しぶりです!
ステキな旅をされたんですね。
私も、転校が多かったんです。
小学校は3回です。
写真を見ていたら、私も行ってみたくなりました。
昔は、すごく広いと思っていた校庭・・・
今見たら、どうでしょうね。

京都も、もうずいぶん長く行っていません。
写真を楽しませていただきました。
歩くのは大変でしょうけど、暑い京都もいいなぁ、と思いました^^
Commented by hanakannzasi-716 at 2007-08-17 06:58
kathyさんも、北海道旅行で小学校を訪れたのですか?
タイトル、変えてみました^^;
写真からも暑さが伝わりますよね!
熱中症になりそうな暑さでしたよ、ホント。
Commented by hanakannzasi-716 at 2007-08-17 07:03
sarasaさん、こちらこそご無沙汰しています!!
sarasaさんのお家も転勤族でしたか。
私も小学校3回変わりました。1回は新設校ができたためでしたけど。
引越しが多いと楽しい面もあるけど、ずっと続けて付き合う友達ができなくて、ちょっと寂しい面もありました。

暑い京都。堪能してきました。
いいのは観光客が少ないことかな^^;
今度行くときは紅葉の季節がいいな、やっぱり。
<< 今回の旅で出会った電車たち ページトップ インクライン >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon