響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
寺家ふるさと村
2007年 05月 05日 |
こゆきさんのところで紹介されていた寺家ふるさと村に行ってきました。

東急田園都市線、青葉台駅で下車し、鴨志田団地行きバスに乗って終点で降り、しばらく歩くと別天地が現われる。横浜市の北端だそうだ。
東急田園都市線と言えば、東急が大規模な住宅開発をしたことで有名。
開発前の沿線にはのどかな田園風景が広がっていたことだろう。田園を壊して作ったのが田園都市とは・・・?
ところがふるさと村がある寺家(じけ)には昔ながらの田園風景がほぼそのまま残っている。これはある意味異様なことだ。開発に抗してふるさとの風景を残すには相当な苦労があったと思われる。
もちろん、人間の手が入っている気配も充分感じられるが、都市の公園などには及ぶべくもない自然がある。
森の中を歩き、池の亀を眺め、歩いていると目の前に昔ながらの田んぼが広がる。信じられない気持ちだった。少し歩くと団地があるというのに。
田んぼの畦道に座り込んでカエルの合唱を聞いた。緑と泥が混じったような小さなカエルがぴょンぴょん跳ねていった。名も知らぬ鳥が空を横切っていく。
そしてレンゲ畑。いったいい何十年ぶりに目にするんだろうか・・・
小さい子に混じってレンゲ畑に入り、はいつくばってシャッターを切った。
だけどレンゲ畑にはやはり小さな女の子が似合うな。
e0027681_23315166.jpg

e0027681_23321077.jpg

by hanakannzasi-716 | 2007-05-05 23:38 | | Comments(2) |
Commented by koyuki-note at 2007-05-06 01:07
響さん、行ってきたのね~。
同じところのことを書いてて、こうもちがうかと、おのれが情けないです(笑)
そっか、異様か…。うちの近所も、こんなんです。
きょう東村山にいったんだけど、つくづくうちは山間部なんだなと思っちゃった。
ふるさと村は、秋から冬はやきいも屋さんがいて、助かってたんだー。
これにあきずに、田植えのあとも行ってみてね~。
Commented by hanakannzasi-716 at 2007-05-06 15:32
こゆきさん、いい所を紹介してくれてありがとう!!
異様というのは大袈裟な表現かもしれませんが、都心からさほど離れていない事にびっくりしました。
季節ごとにいろいろな表情をみせてくれそうですね。また行ってみたいと思います。
<< 40年前にタイムスリップ ページトップ ちょいと下田まで >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon