響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
箱根 仙石原 「星の王子様ミュージアム」
2006年 08月 08日 |
 小田急線で箱根湯本へ。20分ほどバスに乗り仙石原に到着。登山バスというだけあってカーブの連続。山を登っているんだなぁと実感する。
 最初のお目当ては箱根湿生花園。キキョウ、コオニユリ、サギソウ、ミソハギなどという湿原の花が気持ち良さそうに風に揺れていた。お花畑の中を歩くうちに幸せな気分になってきた。
 次に、湿生花園から歩いて5分ほどの「星の王子様ミュージアム」を訪ねた。1900年前半のフランスの街並みを再現した建物と庭、サン・テクジュペリの生涯を詳細に紹介した展示室など、想像以上に見応えがあった。お金持ちだったらしく、写真がふんだんに残っているのだ。飛行機を操縦する写真は、胸に並々ならぬ決意を秘めているようでとても凛々しい。
 最後に、施設巡りバスで小涌園「ユネッサン」の森の湯へ。ゆったりと温泉を楽しんだ。日帰り一人旅でリフレッシュ。たまにはこんなワガママもいいでしょ。
e0027681_2359262.jpg
点燈夫の広場
by hanakannzasi-716 | 2006-08-08 23:59 | | Comments(2) |
Commented by at 2006-08-11 00:37 x
何年か前に家族旅行で尋ねました。
そこだけ南仏のようで 妙に照れちゃったのを覚えてます。
星の王子様って 子どもの頃読んだ時は 暗い地味な話だなぁと思ったんですよね。絵もぱっとしないし。
大人になって(それもかなりおばさんになってから)子どもに読み聞かせして 言葉に言い表せない直接皮膚に染み透るような感覚を味わいました。
子どもの本といわれている作品を侮れんわいと思った一冊でした。
また行きたいな~。 
一人旅なんてうらやましい!
Commented by hanakannzasi-716 at 2006-08-12 15:12
音さんも行かれたのですね。
星の王子様って子どもの本というよりも、元子どもの本のような気がします。実はサラッとしか読んだことがないのですが、時間があれば是非じっくり音読してみたいと思っています。
<< 印刷博物館 ページトップ 花火 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon