響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
川越~江戸の町並み
2006年 05月 04日 |
e0027681_6501618.jpg

 埼玉方面にはあまり行ったことがないので足を運んでみた。お供は長女・長男。
 JR中央線国分寺駅から西武線に乗り換える。混雑していない。やった!連休の穴場か?と喜んだが、本川越に到着し、蔵造りの街を歩き始めるとごった返しはじめた。江戸情緒のある古い町並みを眺めたかったのだが、観光客と車の多さはどこも同じ。連休恐るべし。
 長女は蔵造りの街よりも芋菓子に注意が向くようだった。芋ドラアイス、芋ソフトクリーム、芋シューに芋パイ、芋ようかん・・・暑かったので芋アイスが美味しい。
 蔵造りの建物は火事に強いのだそうだ。蔵造り資料館を見学し、汗をかきながら川越城本丸御殿へ。川越藩の栄華を伝える重厚な建物は見ごたえがあった。向かい側にある川越市立博物館を見学。縄文時代から近代までの川越の歴史が展示されている。川越市の小学生はここへ来て総合学習や社会の勉強をするのだろう。非常に充実した内容でびっくりした。
 歩いて街へ戻り、菓子屋横丁へ。狭い空間に人がびっしり。ラッシュアワーの電車のような状況の中、人々は長い麩菓子を抱え、紫芋の団子や串にさしたキュウリを持って歩いていた。喉に刺さらないか心配になる。ここはマスコミがよく取材に来ているようだった。番組が目に浮かぶような気がする。
 帰りはJRを利用した。始発なので座れてしっかり爆睡できた。
 川越も結構楽しい。出来る事なら平日に来てみたい。
 
by hanakannzasi-716 | 2006-05-04 07:15 | | Comments(0) |
<< プラド美術館展 ページトップ 春の鎌倉遠足 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon