響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
久留米市美術館
2017年 11月 05日 |
中洲川端から天神へ。ここで博多ラーメンの有名店を探し、お昼にしました。
スープが美味しくて止まりません。塩分が多くカロリーも高いけど美味しいラーメンは悪魔ですな・・・
雨も止まらず、午後も美術館に行くことを決意しました。

西鉄に乗り30分ほどで久留米に到着。タクシーで久留米市美術館へ。
地方のタクシーの運転手さんは面白い方が多いです。
「西鉄は速いしJRみたいに特急料金も取らないからいいでしょ。それに比べてJRは・・・」から始まり、JRや久留米市、政治の話、果ては太平洋戦争の話まで、博識な運転手さんの話が続きます。戦争のきっかけを作ったのは実は○○という意外な人物という話にまで及んだところで美術館に到着。退屈しなくていいですね。

昨年開館した久留米市美術館の前身は石橋美術館。石橋美術館はブリジストンの石橋正二郎が建て久留米市に寄贈したそうです。東京のブリジストン美術館は休館中で、そのコレクションは久留米市美術館にあります。美術館と石橋財団との関係は少し複雑そうです。
しかしながら、石橋正二郎はまさに久留米市の偉人で、地下足袋の製造からタイヤの会社へと転換したあたり驚くべき才覚の人であったと思われます。しかも大量の西洋美術のコレクションを成し遂げ、人々を楽しませ文化的に貢献しました。
久留米市美術館ではちょうど、ブリジストン美術館の所蔵品を展示していました。懐かしいような気持でゆっくりと鑑賞しました。

帰りはバスでJR久留米駅へ。西鉄久留米駅とはかなり離れているようです。交通費は高くつきますが、一度乗ってみたかった九州新幹線に乗り博多へ。ガラガラでした(笑)
e0027681_15014272.jpg


by hanakannzasi-716 | 2017-11-05 15:05 | | Comments(2) |
Commented by waku59 at 2017-11-06 10:55
どこかですれ違っていたかも(爆)
Commented by hanakannzasi-716 at 2017-11-11 15:44
ワクさんは出張でしょっちゅう東京にもいらっしゃるから、こっちでもすれ違っているかもしれませんね!(笑)
<< 唐津・伊万里そして有田へ ページトップ 福岡アジア美術館 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon