響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
テートモダン
2017年 07月 28日 |
テートモダンに到着したときは既に夕方。とりあえずカフェで休憩してから鑑賞開始。ロンドンは乾燥しているせいか日本ではめったに飲まない炭酸飲料が飲みたくなります。

テートモダンは発電所をリノベーションした美術館として有名。大きな煙突がシンボルです。昨年には新館も完成してさらに変貌を遂げました。
国立の美術館で、入場無料です。ところどころにドネイションボックスがあります。
e0027681_9404025.jpg

e0027681_9545289.jpg

e0027681_9411548.jpg

広々としたタービンホールでは音を使ったインスタレーションが行われていました。円形に並べられたスピーカーから流れる歌声。その中で目をつぶるとまるで合唱隊に囲まれたような神聖な気持ちになりました。
テートモダンでは、主に20世紀以降の美術を見ることができます。それ以前はテートブリテンというこちらも国立の美術館に集められていて、最終日に足を運びました。
e0027681_1054266.jpg

最後に美術館内のレストランでビールを飲みました。7時をすぎているのに昼間のように明るいのです。身体はくたくたに疲れていますが・・・(笑)
by hanakannzasi-716 | 2017-07-28 10:08 | | Comments(0) |
<< 9と4分の3番線 ページトップ コート―ルド美術館 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon