響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
トラム乗車そしてメイドさんたちのピクニック
2016年 08月 21日 |
さて、次に何が何でもトラムに乗ってみようということになり、おつりが出ないらしいので、地下鉄の駅でオクトパスカードを買いました。日本のスイカのようなもので、後からデポジット分が戻ってきます。
トラムとは二階建ての路面電車です。これにちょっと憧れていたのです。
が・・・現実は甘いものではありませんでした。まず混雑ぶりが半端ない。停留所が多すぎてどこで降りればよいのかわからなくなる。二階に上がると降りる二つ三つ前からそわそわし、早めに1階に降りておかないと下車できない可能性がある・・・などなど。
二階から見ていると車やバスの渋滞もすごくて、バスとトラムがぶつかりそうな場面があったり、大変ストレスフルな乗り物でした。
結局私たちは降りるつもりの駅のかなり先で降りるはめになり、そこはちょうどビクトリアパークのすぐそばでした。
そして心の底からびっくりするような光景を見てしまったのでした。
大勢の、本当に大勢のイスラム教徒の女性たちが、シートを敷いてピクニックをしていたのです。それは公園の外にもあふれ、路上を延々と続き、横断陸橋の中にまでピクニックが続いているのです。足の踏み場もないくらい・・・
最初、この人たちは生活に困っているのかと思いましたが、彼女たちはスマホを持っているし、きれいにしているし、お金がないようには見えません。ではいったいなぜ?
その日は日曜日でした。
私はツアーのガイドさんの話を思い出しました。
香港では保育園の料金が非常に高く、共働きをする夫婦は、フィリピン人のメイドさんを雇っている。メイドさんは住み込みで、お金を貯めては自国に戻り、そしてまた稼ぐために香港に来ると。
日曜日。住み込みのお家から追い出された?メイドさんには家がない。だから同郷の仲間たちとこうしてピクニックをしているのだ!!
彼女たちは肉団子の鍋をつつきながら、楽しそうに談笑していました。一日中こうしているのでしょうか? トイレはどうしているのでしょう? 雨や台風の時はどうするのでしょう??
びっくりびっくり。とにかく驚いたの一言です。写真はちょっと撮れませんでした。
フィリピンではイスラム教徒は10人に一人ということですが、それよりもイスラム率は高いように見受けられました。ヒジャブを身にまとっているのでわかります。
人ごみをかき分け、コーズウェイベイから地下鉄に乗ってアドミラルティへと移動しました。
e0027681_1758625.jpg

by hanakannzasi-716 | 2016-08-21 17:59 | | Comments(0) |
<< ケーキという名のお茶 ページトップ セントラル~ションワン >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon