響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
岐阜のミュージアム
2016年 05月 31日 |
旅行ついでにその地のミュージアムを訪ねるのは楽しみのひとつ。
東京の美術館は人が多すぎて、行列を作ることも珍しくありませんが、それではぐったり疲れてしまいます。
のんびり、ゆったり、作品と向き合える。地方の美術館ならではの贅沢です。

さて、岐阜駅について最初に向かったのは岐阜県美術館。西岐阜が近いのですが、私は岐阜駅からバスに乗りました。この公立美術館はオディロン・ルドンの所蔵で有名で、訪れるのを楽しみにしていました。
企画展はなく、「ナンヤローネ」と題した所蔵展をやっていました。「ナンヤローネ」は岐阜の方言なのでしょうか?
作品を見たときに、「ナンヤローネ?」と口から出てくる素直な疑問が大事、そこから作品鑑賞がはじまるのだ・・・ということのようです。
各自箱を持って会場に入り、いくつかの作品の前に置かれているモノの中で、作品のイメージに近いと思ったモノを選んで自分の箱に入れていく。会場から出て、自分の箱に入っているモノたちをスケッチしたり分析?したりする、というようなイベントが行われていました。
私はやらなかったのですが・・・どうもそういったイベントに参加するエネルギーが自分の中にないみたいです(笑)
ルドンをじっくり見ることができ、満足できました。
e0027681_957383.jpg

あくる日、訪れたのは岐阜現代美術館です。こちらは私立美術館で、ある会社の社長さんのコレクション中心に展示しているようでした。
なぜここに向かったかというと、今話題の篠田桃紅さんの作品を見るためです。書の世界から大きくはみだして抽象の世界へ。でもその作品には墨の性質そのものが息づいていました。100年以上の人生で一つのことを追求し続けるというのはとても想像のできない世界です。
この美術館は外観も優れていて、手前側には長良川をイメージしたプールと砂利が置かれています。
学芸員も受付も誰もいないので、会社の前でお掃除している女性の方と世間話などをして、美術館について話を聞きました。
入場無料でしたが、関市の山の中にあり、タクシー代がかかりました。でも、こんなことも一度してみたかったのです。
e0027681_1084720.jpg

美術館ではありませんが、長良川うかいミュージアムも楽しかったです。鵜飼見学も体験したかったですが、今回はパスしました。それにしても鳥を使って魚を取らせるとは、人間もなかなかずるいことをするもんですね!(笑)

岐阜 20160515-16
by hanakannzasi-716 | 2016-05-31 10:14 | | Comments(0) |
<< 足立美術館と妖怪の街へ ページトップ 金華山ロープウェイと岐阜城 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon