響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
船に乗って温泉へ
2014年 08月 31日 |
いつもの一人旅ではふつうのホテル。大浴場がついていればラッキーなほう。
今回は3人なので和室の旅館をチョイス、しかもお食事と温泉付きです。
熊野古道で汗びっしょり、お風呂が楽しみでたまりません。
私たちの旅館にも温泉はあるのですが、船に乗って系列の大きなホテルへと向かいます。有名な洞窟の温泉があるのです。
ホテル浦島というのですが、中は広くて迷路のよう。さっそくお目当ての「忘帰洞」へ。
ざー、ざーっと波の音。洞窟内に温泉があり、そこから海が見渡せます。
もう、感動しました。帰るのを忘れる、という名前の由来がよくわかりました。
再び小型船で宿泊する旅館へ。食べきれないほどの「まぐろ尽くし御膳」幸せすぎて怖い^^
e0027681_21361923.jpg

by hanakannzasi-716 | 2014-08-31 21:39 | | Comments(0) |
<< 太平洋クルーズ ページトップ 南紀へ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon