響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
サルタン・モスク
2014年 03月 29日 |
e0027681_11243632.jpg

シンガポールは多民族国家。特にアラブストリートは日本人にとって珍しく、異国情緒たっぷりです。
MRTブギス駅を降りてしばらく歩くとイスラム風の帽子をかぶった男の子たちや、スカーフをまとった女性たちに出会うことができます。
サルタンモスクでは、結婚式を終えたばかりのカップルと親族たちがぞろぞろと出てくるところでした。衣装が色鮮やかです。
モスクの説明をしている女性に近づくと、大変流暢な日本語でびっくり。というか日本人そのもので二度びっくり! 「こんなところに日本人」とかいうテレビ番組を思い出してしまいました。
断食や食事制限についてお話されていました。「食べない」という体験をすると、食べ物が体にとって良いものかそうでないのか、体でわかるようになるのだそうです。
なるほど・・・
モスク周辺にはエスニックで趣味のよいブティックが並んでいて、同行の次女が目の色を変えていました。
by hanakannzasi-716 | 2014-03-29 11:46 | | Comments(0) |
<< 3for10のお店 ページトップ まぶしいほど煌めく街 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon