響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
タイ式マッサージとプーパッポンカリー
2013年 07月 19日 |
タイに来たからには是非タイ式マッサージを受けてみたいと思っていました。
BTSと呼ばれるモノレールに乗って、ガイドブックに載っているマッサージ屋さんへ。
その名はなぜか「有馬温泉」。フロントで日本の相場よりも破格に安い料金を払い、お布団をしいてある部屋に案内されました。
タイのマッサージの特色はストレッチ的な手技が入ることでしょうか。全身の血行が良くなり、気持ちよくほぐされ、旅の疲れもどこへやら・・・
・・・だったのですが、お隣の部屋からの声がまる聞こえでして^^
出張で訪タイしている日本人サラリーマンらしき人が、「ああいい、そこいい、わかるんだね、そこがいいって」
するとマッサージさんが猫なで声で「つかれているのね~ ここね~ いいでしょ~」
「ああっ、たまんない、気持ちいいよ~」
みたいな会話がずーっと続いていてなんだか落ち着かなかったです(笑)
あとからBTSの中で娘が「風俗スレスレの気分なんじゃないの?」と揶揄していましたが、娘も25歳にもなるとこんな会話もできるのね、と妙に感慨深かったです。

さて、お次は「ソンブーン」というシーフードのお店へ。ここはタイに詳しい方から事前に場所を教えていただいていたので、BTSを乗り継ぎ、地図片手に歩いてたどり着けました。
ここでタイ料理「プーパッポンカリー」を食べます。
e0027681_13222739.jpg
カニと玉子をカレーで炒めた食べ物だそうですが、さて、どんな味なのかワクワク!!
まさに初めての味。この止まらない美味しさは何だろう?
「えびせんの味じゃない?」と思い当りました。カニなのに(笑)
しかし、食べ続けているうちにパタッと食欲が止まりまして^^
日本人には少ししつこい味かもしれません。でも美味しかったですよ~♪
by hanakannzasi-716 | 2013-07-19 13:28 | | Comments(0) |
<< アユタヤへ ページトップ ワット・ポー >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon