響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
十日町
2012年 08月 23日 |
翌朝、ほくほく線に乗って十日町へ向かいました。
十日町駅で「越後妻有トリエンナーレ」バスツアーの仲間と待ち合わせしているのです。
越後妻有トリエンナーレは、3年ごとに行われるアートのお祭り。
大地の芸術祭とも呼ばれ、新潟県南部の広大なエリアに作品が点在しています。
とても歩いて回れるものではなく、何らかの交通手段がなければ鑑賞できません。
そういうわけで、今回はバスツアーに参加しました。いくつかを写真でご紹介。
e0027681_13424534.jpg
妻有田中文男文庫。旧公民館を改修して作られました。中には文庫はもちろんインスタレーションの展示があります。
e0027681_1345144.jpg
飯山線下条駅プロジェクト。新鮮なきゅうりのサービスあり。地元の人たちも楽しそうに参加している様子が垣間見えました。
e0027681_13482187.jpg
もぐらの家内部。閉校した小学校を利用しています。テーマは土です。
e0027681_13501250.jpg
うぶすなの家。こちらのテーマはやきもの。地元の食材を使ったレストランにもなっています。
e0027681_13525357.jpg
胞衣ーみしゃぐち。神様が降りてきそうな空間です。カンボジアのバイヨンを思い出しました。
e0027681_1354339.jpg
バスに揺られてやっとたどりついた枯木又地区。京都精華大学有志の皆さんがプロジェクトを繰り広げています。
「のっとこい」という施設で黒米の入った美味しいお蕎麦をいただきました。
e0027681_1357201.jpg
越後妻有里山現代美術館キナーレ。まるでユーフォーキャッチャーのように古着をつまみ上げては放すクレーンの動き。われわれは何を感じ取るべきなのか?クリスチャン・ボルタンスキーの作品。
by hanakannzasi-716 | 2012-08-23 14:03 | | Comments(0) |
<< まつだい ページトップ 越後湯沢 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon