響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
東洋のモナリザ
2012年 07月 08日 |
ホテルに戻って朝食をいただき、あわただしくチェックアウトをしてロビー集合。
このツアーは4日組と5日組に分かれていて、私は4日組。まさに弾丸ツアーなのです。
4日組の3名は、この日の夕方まで観光し、夕食後、夜の飛行機で帰路につかねばなりません。
汗でドロドロのまま機内泊とは地獄だなぁと思いつつ、最後の一日を楽しもうと決意します。
ツアーバスが最初に向かった先は、「バンテアイ・スレイ」
フランスの作家アンドレ・マルローが、あまりの美しさに盗み出そうとして捕まったといういわくつきの彫刻「東洋のモナリザ」があります。
ここはヒンズー教の寺院。ヒンズー教では、リンガ(男性を表す)とヨニ(女性を表す)がすべての世界を作ったとされています。
リンガはこれ。わかりますね?
e0027681_0545485.jpg
そしてヨニ
e0027681_05516100.jpg
この二つのモチーフはカンボジアの遺跡のあちこちで見られます。
e0027681_0581967.jpg
赤い砂岩で作られた美しい寺院です。
e0027681_059376.jpg
ここにもそろばんが・・・
そして、東洋のモナリザですが、近くに寄ることができずよく見えません^^
一生懸命望遠で撮ってみましたが、この程度です。
e0027681_111773.jpg

それにしてもまだ午前中なのに暑くて暑くて、しかも遅寝早起きで睡眠不足のため、ここの印象はあまり残っていません(笑)
私たちは、事前に遺跡では暑くても日傘を使わないように指示を受けていました。繊細な遺跡を傷つけてしまうかもしれないからです。
普段帽子をかぶらない私は無印でわざわざ折り畳み帽子を購入しました。
ところが中国人観光客の皆さんは・・・!
平気で日傘をさして狭い入口なんかも通っていました。
センカク諸島のこともありますし微妙なんですけど、
日傘やめろよ。と思わず言いたくなってしまいました。
by hanakannzasi-716 | 2012-07-08 01:06 | | Comments(3) |
Commented by 2of4of1 at 2012-07-08 10:56
わ~!すごい。
カンボジアに行ってアンコールワットとか・・見学してるんですね!私もいつか行きたい国です。
Commented by 2of4of1 at 2012-07-08 10:57
そうそう・・最近はfacebookを一番活用中です。もし、してらしたら、御知らせ下さいね。
Commented by hanakannzasi-716 at 2012-07-09 21:58
ちょろりさん!東南アジアって初めて行ったんですけど、魅惑的な場所ですね!!
タイやベトナム、そしてインドなどにも行ってみたいな~

facebookはやってないんですよ。娘などは活用していますが・・・
匿名性がなく逃げ隠れ?できないのが踏み切れない理由です。
<< クバール・スピアン ページトップ 朝陽昇るアンコールワット >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon