響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
トゥクトゥクに乗って
2012年 06月 27日 |
街歩きの帰りはトゥクトゥクに乗ってホテルまで戻りました。
バイクの後ろに4人乗りの荷台がついている乗り物です。
結構速く、開放的で気持ち良かったです。
カンボジアでは車の台数はまだそれほど多くないようで、
トゥクトゥクやバイクタクシー、そして自転車などが主な交通手段だそうです。
最近は交通事故が増えていると聞きました。
鉄道は一切走っていません。
今回は添乗員、現地ガイド、車と運転手つきのツアーなので安心でしたが、
フリーで旅行するのは相当な上級者じゃないと難しそうです。
車から見える人々の様子はのんびりした感じで、
生活は日本で言えば昭和20~30年代のイメージでしょうか?
それでも、10年前に旅行した人の話を聞くと、
その頃はほとんど何もなく、広々とした土と緑が広がっていたようです。
7年前に旅行した人の話では、ホテルの建設ラッシュだったそうで、
シェムリアップは、内戦が落ち着いてから、観光地として急速に発展した街であることがわかります。
e0027681_1330664.jpg

by hanakannzasi-716 | 2012-06-27 13:25 | | Comments(0) |
<< アンコール・ワット ページトップ シェムリアップの夜 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon