響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
太平洋に向かって
2010年 08月 28日 |
3日目、磐越東線でいわきへ
西線は喜多方駅まで電化されているようですが
東線はディーゼルです
海へ、海へと向かいます

いわきに着いて荷物を預け、常磐線に乗車
今度は海沿いに北へと向かいます
♪今は山中 今は浜 今は鉄橋渡るぞと
思うまもなくトンネルの 闇を通って広野原♪

唱歌「汽車」の歌詞はこの路線からイメージされているそうです

ひゅん!!と泣いてトンネルに入る
トンネルを出るとそこは海
起伏あるこのあたりの地形を思い浮かべながら
海沿いの線路を走り抜ける感覚を楽しみます
どこで降りようか・・・迷いましたが
最も浜に近づくところ、と思い、富岡で下車しました。
線路をわたり、田んぼ道を歩き、潮風を吸い込みながら海へ海へと
e0027681_22291093.jpg

e0027681_22311156.jpg

仙台湾のへこみに向かう手前あたり
福島県の地図を想い出しながら自分の位置を感じ取ります
太平洋へとせり出す海岸線のほのかなふくらみ
そこにぽつんとある目にも見えないほどの点
それが私です・・・

と点
を結ぶ線について思います
いつ切れてもおかしくないそんな無数の線


そろそろ上り電車の時間
駅に戻らなくてはね
by hanakannzasi-716 | 2010-08-28 22:46 | | Comments(0) |
<< 白水阿弥陀堂 ページトップ 磐越西線 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon