響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
清涼寺~広隆寺
2010年 03月 16日 |
金閣寺~龍安寺とくれば仁和寺、妙心寺というのが標準コースなのでしょうが、
ちょっと離れた場所に気になるお寺がありまして…
嵯峨野清涼寺。
インド~中国~日本と伝来した等身大の釈迦如来が安置されています。
春と秋、そして毎月8日に拝観できるというのですが、なんとこの日がちょうど8日。
スケジュール的にはちょっと無理があるのですが、
嵐電を利用して嵯峨野まで足をのばしました。
おや? 本堂の下駄箱には大量のくつが…
どうやら法要が行われているらしく、お坊さんの声が聞こえます。
なんまんだぶ なんまんだぶ
力強い声です。人々の声も重なり腹の底に響くようです。
一観光客である私はお呼びでないような…
そして目的の釈迦如来ですが、
結局遠くからしか拝観することはできませんでした。
ちょっと残念。
今も生きている信仰の前には、私など近づくこともできないのだと実感しました。

続いて太秦広隆寺へ。
もちろんあのほっぺに指をあてて考え中の、
弥勒菩薩半跏思惟像が目当てです。
新霊宝殿という博物館のような建物の中に、たくさんの仏像が祀られていて、
その中央に慈悲深い弥勒菩薩がおわします。
館内はかなり暗くてよく見えません(笑)
でも、一生懸命見てきました。拝んできました。
それにしても、こんなに暗いとは思いませんでした。

e0027681_23275081.jpg

by hanakannzasi-716 | 2010-03-16 23:28 | |
<< 相国寺 承天閣美術館 ページトップ 金閣寺~龍安寺 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon