響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
西の京
2009年 10月 08日 |
二日目。快晴!
JR奈良から近鉄奈良まで徒歩。
コインロッカーに荷物を預けて西の京へ。
薬師寺。
きれいでしたね!なにしろ昭和時代の建物ですから^^
お坊さんの話が面白かった。
日光菩薩さんは昼の看護師さん。
月光菩薩さんは夜の看護師さん。
24時間皆さんを見守ってくださっています。・・・・・
私は今回の奈良旅行で、
薬師如来さんの存在感に圧倒されました。
今でもそうですが、
昔の人々の健康に対する憧れ、願い・・・
切実なるものがあります。
健康に生きること、それが人間の究極の願いなのではないでしょうか。

私は薬師寺金堂でお坊さんのお話を聴いたのですが、
三重塔や聖観音菩薩を観たあと
講堂で弥勒如来を拝みながら耳をそばだてましたら、
全く同じお話が聞こえてきました^^;
何百回話しているのか、プロですね。

戦国時代、ここは焼け野原になったそうで、
何もないところに薬師三像だけ裸で残った時代もあったようです。
豊臣秀吉がササッと仮金堂を建てたんだそうですが、
秀吉の治世はあっという間に終わり、
後を引き継ぐ徳川家は何もしなかったんだとか・・・
そのため薬師寺の再建は昭和時代を待たなければならなかったそうです。
檀家がいない薬師寺で、立派に再建できたのはなぜか。
そこでお坊さんがおもむろに写経セットを取り出し、
「ボールペンはダメなんですよ、消えてしまいますから。
でも鉛筆なら大丈夫。簡単jですよ。なぞるだけですからね。」
と2000円也の写経セットをさりげなくアピール。
なかなかの商売上手なのでした^^

薬師寺の後は唐招提寺へ。
残念ながら金堂は改修中で何もみることができませんでした。
あらかじめホームページで調べておけばよかったのですが、ちょっと無駄足でした。
でもやはり、天平の甍は美しいですね。


薬師寺金堂
e0027681_23113249.jpg

薬師寺東塔と金堂
e0027681_23114745.jpg

唐招提寺金堂
e0027681_2312389.jpg

by hanakannzasi-716 | 2009-10-08 23:14 | | Comments(0) |
<< 中宮寺のアルカイックスマイル ページトップ 奈良の夜 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon