響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
セゾン現代美術館前でリベンジを誓う
2009年 08月 03日 |
しなの鉄道の中で、セゾン現代美術館に行こうという話になりました。
中軽井沢駅で下車。足を探していたら、親切なおばあさんがバスを教えてくれました。
バスに乗り込み、念のためにガイドブックを開くと、
小さな小さな文字で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木曜定休
えっ?木曜日って今日?えっ?
私はうなだれて小さな声でルーシーに告げました。
「あっ、いいよいいよ、とにかく行ってみよう!!」
行ってみましたが、現実はくつがえせません。
容赦なく「本日定休」の札がかかり、門はかたく閉まっています。
「こんなに緑のきれいないいところに来たんだもの、もうそれだけで満足だよ」
天使のようなルーシーの声が優しく響き渡ります。
「うう、悔しい!この恨みは絶対はらす!!今度必ず来るからね、セゾン現代美術館」
とリベンジを誓う私なのでした。
だって、普通美術館って月曜定休じゃないですか!
小さな文字を見落とした自分が悪いんだけどね^^;
e0027681_2281190.jpg

さて、問題は帰りの足です。
戻りのバスは1時間以上あと。バス停の近くの温泉に入るという手もあるが・・・
温泉の入口にバスが一台止まっています。
「あのバスなんだろう?」
「行ってみよう!」
はたしてそのバスは、某ホテルの送迎バスでした。あちこち回って軽井沢駅まで行くそうです。
「あの、、、乗せてもらってもいいですか?」
「いいですよ、どうぞ」
なんて親切な運転手さん、ありがとう、ありがとう!!
そんなわけであちこちのホテル、ゴルフ場を経由しつつ、軽井沢の美しい自然を眺めながら、
無料のバス旅行を楽しむことができました。
軽井沢は高層建築が禁じられているのでしょう、ホテルはすべて低層、のどかな景色が続きます。
そして軽井沢駅に到着。
駅前のアウトレットをちらっと見たあと、別荘や教会が点在する森の中を歩きました。
ひんやりした空気に生き返る思い。これぞ軽井沢です。
e0027681_2226282.jpg

旧軽銀座までたどり着きましたが、帰りの電車の時間もあり、タクシーを拾って駅まで戻りました。
小諸でルーシーとお別れ。
私のアバウトさでいい加減な一日になっちゃってごめんね、ルーシー。
また会おうね、今度は絶対セゾン現代美術館に行こうね!!

一人になっちゃいました。ここからが本当の一人旅です。
by hanakannzasi-716 | 2009-08-03 22:30 | | Comments(0) |
<< 中棚荘でヤギのミルクを飲む ページトップ 暑いから軽井沢行こう!! >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon