響の言葉
hibikyo.exblog.jp
  Top ;Log-in
2016年 12月 04日 |
もう12月、早いですね~
早すぎて涙が出ます・・・なんて会話が聞こえてくる昨今です。
退院から2か月が過ぎて、仕事も含めて日常生活が元通りに行えるようになりました。
十月の始め頃は何をしてもすぐ疲れて寝てばっかりいたのですが、今はそんなに疲れません。
以前できたことがまた少しずつできるようになる喜びをかみしめて生活しています。
あとは走ることかな?
当たり前のように走っていたときは、自分がどうやって走っているのかなんて考えませんでしたが、
いざ走れなくなると「そもそもなぜ走れるのかしら?」と考えます。
面白いですね。人間の身体の動きは複雑でさっぱりわかりません。
おそらくですが、私の場合、足首の力がまだ足りないみたいです。
家にいる分にはいいのですが、外には危険が満ちていますから、とっさの場合に走れるようにならなくては、と考えています。
走れるようになったら旅行の企画を考えます!!
# by hanakannzasi-716 | 2016-12-04 12:04 | その他 | Comments(1) |
2016年 10月 29日 |
ご無沙汰しておりました。

私もいい歳ですから、そろそろ大病してもおかしくないとは考えていました。
でもまさか「ギランバレー症候群」という珍しい部類の病気にかかるとは・・・
そんな人生まさかの坂をおりて、今ゆっくりとのぼっている途中です。

幸い仕事にも復帰できました。
まだ以前の元気いっぱいの状態からは程遠いのですが、ネットスーパーの力なども借りて何とか生活できています。

今回の体験で学んだのは、まあ当たり前なんですが医者は万能ではなく、得意不得意があるということです。
8月下旬の発熱から始まって、肝炎、座骨神経痛的な激痛、顔面マヒ、歩行困難と次々に不可解な症状に襲われる中で、様々な医療機関に助けを求めました。
しかし、一番大事なのは自分の勘と判断であって、医者の言葉をそのまま信じることではないと思いました。そうしていくうちに、正しい方向に勘を働かせてくれる医者に出合う結果を導くのだと。
最終的に神経内科にたどり着き、入院が決まった時は「これで助かる!!」と心からほっとしました。

そんなわけでしばらく大好きなお出かけも旅行もできません。
リハビリも兼ねてまたピアノの練習でも始めようかな・・・
何をするにも健康が第一ですね!
# by hanakannzasi-716 | 2016-10-29 11:26 | その他 | Comments(2) |
2016年 08月 21日 |
香港最後の朝食は念願のエッグタルト。柔らかくて、優しい味でした。美味しかったー!
午前中にお土産(パンダクッキーなど)を買い、近くのスタバでWi-Fiをし、ホテルの下で迎えのバスを待ちます。
東京ではやはりというべきか、ゆりこさんが都知事になったのを確認。
空港へのバスは、いくつものホテルを経由したのでとても時間がかかりました。台風が来ているという情報も入り、少し不安です。
飛行機は上空でかなり揺れましたが、途中から安定飛行でした。

今回ホテル代を少しケチったので、トイレの水が流れなかったりして、「トイレット ダズント ワーク」という旅行英会話定型文を使う羽目に陥ったりしましたが、ホテルのフロントはだいたい親切でした。
でも、ペニンシュラ香港にも泊まってみたかったな~・・・無理か。

香港では街を歩いていると、雨でもないのに時々水が落ちてきました。どうやら冷房の室外機から漏れて落ちてくるようです。香港のビルにはバルコニーが見当たりません。室外機は窓に直接取り付けられているのです。これもびっくりポイントでした。
香港には地震はないそうですが、林立した高層ビルが古くなったとき、どうやって壊すのだろうか?というのも疑問でした。細いビルがひしめき合って建っているので・・・
とにかくいろいろと驚くことが多かったような気がします。

私は初めての香港でしたが、以前訪れたことがある人の話を聞くと、香港もずいぶん変わったらしいです。「香港の良さが失われつつある過程。今行っておく価値はあるかも」と言う人もいました。
中国政府を批判する書籍を扱っていた書店の店長が拘束されたという話も聞きました。
雨傘革命も記憶に新しいところです。
中国本土からの人の流入。香港の人口密度は極限にまで達しているように感じました。
もはや中国とシャッフルされて香港らしさは限りなく薄まっているようです。

香港という都市は激動の歴史のただ中にあるのかもしれません。
そしてそれは日本とて他人事ではないのかもしれません。

ですが、羽田に降り立ち、モノレールから東京の風景を見ると、日本はちょうどよい大きさで、人の数もほどほどで、モノを作る力もあり、固有の文化を持ち、住むのにはこんなに落着ける場所は他にあるだろうか?
と感じてしまいました。
海に囲まれ、極東の地にある日本。ここは安らぎの国だ。もちろん今だけかもしれないけれども。
そう思いました。
e0027681_1925528.jpg

香港20160729-0801
# by hanakannzasi-716 | 2016-08-21 19:26 | | Comments(0) |
2016年 08月 21日 |
さあ、香港最後の夜です。頑張れ!!
地下鉄に乗り旺角(モンコック)へ。降りると人、人、人・・・ここにもメイドさんのピクニックが繰り広げられていました。
金魚などの観賞魚の店が集まっている金魚街、スポーツ用品の店が多いスニーカー街、そして女人街、男人街とマーケットがひしめき合っています。
女人街で、娘が小さなポシェットを二つ買いました。
お店の女性が計算機に100と入れてきたので、私は80と返しました。女性は首をかしげて90。そこでひと押し私が85。苦い顔をしながらOKしてくれました。交渉成立!!
男人街は女人街よりもシンプルな雰囲気のマーケットでした。
歩いて歩いてチムサーチョイへ。
ファミレスのような店に入り、チキンライスと野菜炒めとビール。
ホテルに戻ると足棒状態でしたが、シャワーを浴びるとスッキリ。
一日よく頑張りました。
e0027681_18524379.jpg

e0027681_18535716.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2016-08-21 18:54 | | Comments(0) |
2016年 08月 21日 |
さて、旅も終盤に向けて盛り上がっていきます。疲労も蓄積していきます。
エネルギー不足のため、ジェラートを買い、食べながら長い長いエスカレーターの旅に出発です。
ミッド・レベルズ・エスカレーター。
映画にもよく出てくる有名なエスカレーターで、早い話がエスカレーターで山登りするような感じです。屋根はありますが屋外です。
途中、右や左には素敵はカフェがあったり、高層マンションの一部が見えたりします。
最後まで登り切ると、帰りのエレベーターはありません。(笑)
ひたすら階段を下りるのみ。
降りていくと、途中にSOHO地区があります。欧米人が多く住んでいる街で、おしゃれなバーなどがいっぱいあり、雰囲気が少し違います。
e0027681_18355622.jpg

e0027681_18362567.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2016-08-21 18:37 | | Comments(0) |
2016年 08月 21日 |
私たちは香港公園の中にある「茶具文物館」に入りました。そこでお茶の作法に関する映像を見たのですが、その演技過剰さに思わず噴き出してしまいました。恍惚とした表情でお茶の香りを味わっているのです。日本でもしも同種の映像があったら、無表情だと思います。
3時を回っていましたが、まだお昼を食べていません。娘も疲れた表情で、少し険悪になりそうだったので、併設の茶館に入りました。
メニューが中国語と英語で書いてあるのですが、CAKEと書いてあったので、お茶とケーキを頼みました。
するとお茶が4つ来てしまい、慌てました。どうやらCAKEとはお茶の一種だったようです。平謝りし、キャンセルさせてもらいました。ちょっと恥ずかしい・・・
その他に飲茶を少し注文してちょっと落ち着いたところでセントラルに戻りました。
e0027681_18232811.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2016-08-21 18:24 | | Comments(0) |
2016年 08月 21日 |
さて、次に何が何でもトラムに乗ってみようということになり、おつりが出ないらしいので、地下鉄の駅でオクトパスカードを買いました。日本のスイカのようなもので、後からデポジット分が戻ってきます。
トラムとは二階建ての路面電車です。これにちょっと憧れていたのです。
が・・・現実は甘いものではありませんでした。まず混雑ぶりが半端ない。停留所が多すぎてどこで降りればよいのかわからなくなる。二階に上がると降りる二つ三つ前からそわそわし、早めに1階に降りておかないと下車できない可能性がある・・・などなど。
二階から見ていると車やバスの渋滞もすごくて、バスとトラムがぶつかりそうな場面があったり、大変ストレスフルな乗り物でした。
結局私たちは降りるつもりの駅のかなり先で降りるはめになり、そこはちょうどビクトリアパークのすぐそばでした。
そして心の底からびっくりするような光景を見てしまったのでした。
大勢の、本当に大勢のイスラム教徒の女性たちが、シートを敷いてピクニックをしていたのです。それは公園の外にもあふれ、路上を延々と続き、横断陸橋の中にまでピクニックが続いているのです。足の踏み場もないくらい・・・
最初、この人たちは生活に困っているのかと思いましたが、彼女たちはスマホを持っているし、きれいにしているし、お金がないようには見えません。ではいったいなぜ?
その日は日曜日でした。
私はツアーのガイドさんの話を思い出しました。
香港では保育園の料金が非常に高く、共働きをする夫婦は、フィリピン人のメイドさんを雇っている。メイドさんは住み込みで、お金を貯めては自国に戻り、そしてまた稼ぐために香港に来ると。
日曜日。住み込みのお家から追い出された?メイドさんには家がない。だから同郷の仲間たちとこうしてピクニックをしているのだ!!
彼女たちは肉団子の鍋をつつきながら、楽しそうに談笑していました。一日中こうしているのでしょうか? トイレはどうしているのでしょう? 雨や台風の時はどうするのでしょう??
びっくりびっくり。とにかく驚いたの一言です。写真はちょっと撮れませんでした。
フィリピンではイスラム教徒は10人に一人ということですが、それよりもイスラム率は高いように見受けられました。ヒジャブを身にまとっているのでわかります。
人ごみをかき分け、コーズウェイベイから地下鉄に乗ってアドミラルティへと移動しました。
e0027681_1758625.jpg

# by hanakannzasi-716 | 2016-08-21 17:59 | | Comments(0) |
2016年 08月 21日 |
さて、ホテル近所のおかゆ屋さんで朝食をすませ、暑い熱い香港旅3日目。
自由行動の長い一日が始まりました。緊張します!
とりあえず港へ行ってスターフェリーに乗ります。切符売り場を探して見よう見真似でコインの形をした乗船券を手に入れるまでが一苦労。
香港島についてからしばらくウロウロしましたが、空中通路を歩いて何とかセントラルの駅まで出ました。実はWi-Fi有料のホテルに泊まっていて、街中でなかなか電波を拾えず少し困っていました。なのでスタバを見つけたときは少し嬉しく、さっそくレシートに書かれたパスワードを打ち込んでしばしWi-Fi天国を楽しみました。都知事選も気になりましたし・・・
とはいえ、ゆっくりしてはいられません。だいたいの計画を立て、行動開始です。
まずは地下鉄に乗り、隣のションワンへと移動しました。ここでの目的地は文武廟(マンモウミュウ)
上り坂の地形なので、階段と坂道の連続。そして迷路のような道に汗ダラダラ・・・
老眼鏡がないと地図が読めないし、メガネをかけているとまわりがぼやける。日差しが強いのに日傘をさすことも忘れ、やっとのことで到着しました。
e0027681_1781271.jpg
文武廟は香港でもっとも有名な中国寺院のひとつで、合格祈願などにご利益があるそうです。蚊取り線香のような渦巻き型の線香に願い事を書いた紙を付け、燃え尽きたときに願いが叶うのだそう・・・
ハリウッドロードを進み、次はPMQという建物へ。ここは元警察宿舎で、今はアーチストのギャラリーとしてリノベーションされています。アーチストというより、デザイナーが主に活動しているように見受けられました。
e0027681_17135172.jpg

タクシーを拾い、セントラルへと戻ります。タクシー料金は日本よりも安いようです。
# by hanakannzasi-716 | 2016-08-21 17:15 | | Comments(0) |
2016年 08月 21日 |
ツアー解散地点の近くに香港歴史博物館があったので入ってみました。
ついつい涼しいところに入りたくなるのです。
ですがここは大変勉強になりました。
最初の映像はビッグバンから始まったので「そこからか!」と思わず突っ込みましたが、原始時代はどこでも同じ。そして近代までは中国の歴史です。
香港の歴史として重要なのはアヘン戦争以降です。不平等な貿易、戦争、香港・マカオの割譲。しかしながら博物館の中で植民地時代の表現はむしろ明るいものが感じられました。
打って変わって日本占領期。4年足らずの短い期間なのですが、大変暗い、悲惨な雰囲気が漂っていました。
戦後の発展の様子は日本のそれとあまり変わりがありません。中国に返還された後の展示は重厚感あふれるものになっている気がしました。あくまでも私の受けた印象でしかありませんが、博物館の展示も、時代によって何か空気が違う、そんな感じを受けたのは確かです。

夜は地下鉄に乗ってローカルなマーケット街を歩く予定でしたが、疲労がピークに達し、夕食後はホテルに戻ってシャワーを浴びました。でもなぜか眠れないのです。興奮しすぎたのかもしれません。
e0027681_15593475.jpg
ツアーで訪れたふとん屋さん。
# by hanakannzasi-716 | 2016-08-21 16:00 | | Comments(0) |
2016年 08月 21日 |
九龍半島内陸方面へとバスは走り、黄大仙廟(ウォンタイシンミョウ)へ。
こちらも道教の寺院で、たくさんの人が訪れていました。病気治療などにご利益があるとか。
そして最近は占いスポットとして世界的に有名だそうです。私は遠慮しましたが、未来が気になる次女は500ドル払って見てもらいました。もしかしたら日本人?と思うくらい日本語がペラペラの占い師さんでした。
e0027681_1524431.jpg
e0027681_1525984.jpg

そのあとはなぜかラテックス素材の布団屋さんに連れていかれました。ツアーに組み込まれているのです。日本人営業マンの上手なトークの後、さぁ、遠慮なく寝てみてくださいと言われ、現地の営業レディにしつこくセールスされました(笑)実際に買った人もいたので驚きです。
最後はお決まりの免税店で解散!疲れましたが、涼しい布団屋さんで少し休めたのは良かったです(笑)
# by hanakannzasi-716 | 2016-08-21 15:31 | | Comments(0) |
2016年 08月 21日 |
翌日はオプショナルツアーで早朝の出発。ホテルの朝食がつかないため、昨晩セブンイレブンで仕入れたカップラーメンを。日本のメーカーの現地味のもので意外に?美味しかったです。
バスに乗り込み、海底トンネルをくぐって香港島へ。最初の目的地はビクトリア・ピーク。香港島の最高地点から摩天楼を望みます。夜景が有名ですが、夜は大変混むそうです。
e0027681_1433277.jpg

空がいまいちスッキリしませんね~
続いて訪れたのは香港島の南側。レパルス・ベイ。海の女神を祀る道教寺院があり、色鮮やかな彫刻が並んでいます。次に近くのスタンレーマーケットへ。アーケードのある市場で、比較的きれいです。何も買いませんでしたが、何しろ暑かったので、電池で動くミニ扇風機に心が動きました。ガイドさんも使っていました。
e0027681_14411140.jpg

チムサーチョイに戻り、飲茶のランチ。
香港では飲酒の習慣があまりないそうです。そのかわりに夏でも熱いお茶を飲むのだとか。私も今回はビールを注文するのはやめておきました。疲れそうなので(笑)
# by hanakannzasi-716 | 2016-08-21 14:44 | | Comments(0) |
2016年 08月 14日 |
ネーザンロードを海に向かって歩くと、左側に重慶(チョンキョン)マンションがあります。安宿や両替商などが集まる雑居ビルで、「恋する惑星」という映画の舞台にもなりました。
怖いもの知らずで少し入ってみましたが、心の中には「危険!!アラート」が鳴りっぱなし!
そそくさと出てきました。中東あたりからの難民らしき男たちが集団でウロウロしていて、何を考えているやら想像もつかないからです。香港を中継地点とし、別の場所へ行くために資金を稼ぐ必要がある、、、らしいです。
右側にペニンシュラホテルを見ながら歩くと、香港芸術館や香港文化中心があり、海に出ます。残念ながら、芸術館は改修中で中には入れません。文化中心(文化センター)で涼み、これからの予定を考えます。ちなみに香港では、冷房温度の設定が半端なく低いです。上着を持ち歩いて上手に調節しないと体調を崩すこと必至。
旧警察署の建物を改装したショッピングモール「1881ヘリテージ」、時計塔、フェリー乗り場のあたりをお散歩し、文化センターにあるレストランに入りました。
ここでは注文したものがなかなか揃わず、英語で言っても通じず、何人ものウェイトレスに身振りで訴えるも無視され、さんざんでした。(笑)とにかく笑顔がなく、サービス精神というものは微塵もありません。これは他の店でも同じでしたが・・・
そんなこんなで8時には海沿いに出て、「シンフォニー・オブ・ライツ」を見ることができました。音楽に合わせてビル群のイルミネーションが点滅し、サーチライトが夜空を彩ります。綺麗な夜景でしたが、空がもう少し澄んでいればさらに美しかったことでしょう。
e0027681_9542498.jpg

帰りは徒歩でホテルまで戻りました。驚いたのは街中を走る車の速度です。速い! そして曲がる時に決して減速しません。自分の身は自分で守らなければ、と心した瞬間でした。
# by hanakannzasi-716 | 2016-08-14 09:57 | | Comments(0) |
2016年 08月 13日 |
数年前と比べて、海外旅行も行先を選ぶようになりました。
安全なところで、しかも近場、今までに行ったことがない場所・・・
そんな安易な選択の結果が、今回の香港旅行でした。
香港と言えばイギリスの植民地だったという乏しい知識から、何か素敵な洗練された都会をイメージしていました。
が、現実は少し違っていました。思っていたよりもずっと狭くて、人がひしめき合い、そして非常に暑かった!!
あらためて地図を見ると、沖縄よりもさらに南です。中国の中でも東南アジアに近いロケーション。
空港から送迎バスに乗り、ホテルの入口で降りたとき出迎えてくれたのは、高温サウナのような熱と湿気を含んだ空気でした。
くらくら~~~
ホテルから出たくないという気持ちを抑え、私と次女はチムサーチョイの街の中に出ました。
とりあえず何か甘いものを食べて元気出したい。ガイドブック片手にたどり着いたのは「糖朝」というお店でした。
有名なマンゴープリンを食べたかったのですが、残念ながら品切れ。かわりに黒米のお汁粉をいただきました。やさしい味でした。
マンゴーと言っても、旅行会社のガイドさんの話では、フィリピンから輸入したものらしいです。香港は土地が狭く、農業などの産業がないため、ほとんど何でも輸入で賄っているというお話でした。漁業はと言うと、食べつくしてしまってほとんど採れないそうです!
ついでに有名な話ではありますが、土地が少ないために家賃が大変高いそうです。鉛筆のような高層マンションが林立していて驚きます。
e0027681_10245962.jpg

半島にあるチムサーチョイ側から香港島を見るとこんな感じです。後ろには山が迫っていますね。
# by hanakannzasi-716 | 2016-08-13 10:28 | | Comments(0) |
2016年 08月 07日 |
e0027681_18452812.jpg

今回の旅はかなり体力消耗しました。
そしていろいろと考えさせられました。
# by hanakannzasi-716 | 2016-08-07 18:46 | | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Child Room Skin by Sun&Moon